無料の会員登録をすると
お気に入りができます

週5で1日7時間勤務「家事も子育ても一生懸命がんばるママ」に伝えたい“自分に問いかけてほしい言葉”

ライフスタイル

心理カウンセラーの古庄由佳です。カウンセリングに来てくださる方には「うさこさん」と呼ばれています。 自分の心に蓋をして、我慢を続けて生きるのはとてもしんどいですよね。最近はスマホやSNSのおかげで情報が溢れてすぎているためか「自分の考え方がおかしいのかも」「私だけじゃないし」とガマンしてしまっていることもあるようです。自分の人生をHappyにするかどうかは自分が決めると信じて、皆さんのお悩みに答えます。

もしかしたらみなこさんは、幼い頃から「いい子」で生きてきたのではありませんか?親に負担をかけないように、人に迷惑をかけないように、人をがっかりさせないように、そんなふうに生きてこられたのではありませんでしょうか?そのために、自分に無理をさせたり、自分の気持ちをちょっと後回しにする癖がついてしまったのではありませんか?

でしたら、もうそろそろその生き方を変えましょう。

みなこさんが今困っていること、助けてほしいこと、、、それらを夫に打ち明けて相談してみてください。

stock.adobe.com

男性は言葉に出していなくても、女性を幸せにしたい、家族を幸せにしたいと思っていることも多いです。それなのに、みなこさんが夫に遠慮して「自由に使えるお金が欲しいだけだから自分でなんとかしなくちゃ」と一人で頑張っていたら、ちょっとさみしいです。信頼されてない、役立たずだと思われているような気さえしてしまうかもしれません。相談をしてくれたら、みなこさんのために夫だってできることを一緒に考えたり、協力をしたり、したいかもしれません。

上司だってきっと同じ。みなこさんのことを褒めたのは、プレッシャーをかけるためじゃないですよね。そのままのみなこさんでいてくれることで本当に助かるからそれを伝えてくれたのではないでしょうか。みなこさんが悩んだり困ったりしているなら、力になりたいと思ってくれているはずです。

人の期待に応える、人をがっかりさせない、人に迷惑をかけない、、、そのルールを大切にしすぎる生き方は、そろそろ卒業しませんか?

頼る。甘える。「本当はどうしたいのか」をちゃんと伝える。これはわがままではなく、自分のまわりにいてくれる人を信頼しているからこそできる行為です。

みなこさんが大切な人に喜んでもらいたいように、まわりの人だって、みなこさんの幸せのために協力をしたいんです。これ機に、まわりの人がみなこさんを大切に思う気持ちを信頼して、今まで育ててこなかった「信頼力」を使う練習をしてみましょう。

「あれ?人ってこんなに優しかったんだ」「あれ?私こんなにラクに生きてもよかったんだ」きっとそんな新しい景色が見えてくると思いますよ。

★あなたの悩み事をうさこさんに相談しませんか?相談内容を書いて、ご応募ください!
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ