無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エナジードリンクを飲むと逆に疲れる!?プロが教える疲れをとる方法

日本ビューティーフード協会代表理事の鈴木梨沙です。しっかり寝ているのに疲れが取れない…こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?疲れが取れない原因は睡眠の質のほかに足りない栄養を補えていないことが挙げられます。そこで、今回は疲労回復に効果的な食材をご紹介いたします。

ライフスタイル

疲れが取れにくい方は、〇〇の栄養素が不足している可能性が大!?

私のところにカウンセリングにくる方の9割以上の方は、体の不調に関して答えていただく項目の中で、「疲れやすい」「だるい」「眠い」という項目欄にチェックがついている方が多く見られます。
こんな方は、もしかすると「ビタミンB1」が不足していることが原因かもしれません。

ビタミンB1は栄養ドリンクや疲労回復サプリなど、疲れを取る効果を売りにした商品には必ず入っている栄養素で、そのくらい疲労回復には必須のものなのです。

では、なぜビタミンB1を摂取することは疲労回復に繋がるのでしょうか?

ビタミンB1は体内の糖質とたんぱく質の代謝に関わっており、特に糖をエネルギーに変えるときに必要な栄養素なのです。そのため、炭水化物などの糖質を摂るときにビタミンB1も一緒に摂ることでエネルギーがつくられ、それが疲労回復に繋がります。

逆にビタミンB1が不足すると乳酸が溜まり、疲労感だけでなく吐き気や血圧低下を招きます。
乳酸を溜めないためにも、ビタミンB1は大切なのです。

疲労回復に効果的な食品はコレ!

ビタミンB1はどのような食品に多く含まれているのでしょうか。
ビタミンB1が豊富な食品は、以下の通りです。

<ビタミンB1が多く含まれる食品>
・豚肉(特にヒレ肉とモモ肉)
・うなぎ
・レバー
・ごま
・きな粉
・枝豆
・納豆
・大豆
・玄米
・ぬか漬け

とはいえ、疲れたからといってこれらの食品を大量に食べればいいというわけではありません。
ビタミンB1は一気に摂ってもまったく意味がないのです。

なぜなら、ビタミンB1は水溶性のビタミンで一度に大量に摂取しても一定量を超えると残りは尿として体外に排出されてしまいます。

ですから、疲労回復を最大化したいからといって「疲れているから豚の生姜焼きを2人前!」ではなく、ランチで生姜焼きを食べたなら、夕飯にもビタミンB1を含む枝豆や納豆を食べるというように分けてビタミンB1摂取することをおすすめします。

ただ気になるのは、ビタミンB1を含む食材の中で、豚肉やうなぎは確かにビタミンB1を多く含む食品ではあるのですが、脂質も多く含むため、逆に体を疲れさせてしまう点です。

また、うなぎを食べる際に、うな重にするとご飯が糖質、うなぎのタレにも砂糖の糖質が含まれているので、糖質のとりすぎにもなりかねません(うなぎを食べるなら、白焼きで食べるか、焼き鳥みたいに串で食べられるお店がおすすめ!)。

そのため、ビタミンB1の中でも、ごま、きな粉、枝豆、納豆、大豆、玄米、ぬか漬けなどを積極的に食べた方が、女性にとっては疲労回復効果が見込めるだけでなく、ダイエットや美肌にも嬉しい効果が期待できるのでおすすめです!

これらの食材を戦略的にちょこちょこ朝昼晩で食べることで、疲労回復を狙ってみてください!

エナジードリンクはかえって体を疲れさせる?!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ