無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高級炊飯器じゃなくていい。Amazonベストセラーが売れてる理由

インテリア

▼本記事の監修および取材協力はコチラ

シンプルに炊き上げる炊飯器の原点です

象印マホービン
極め炊き NP-VN10
実勢価格:1万3700円
サイズ:W255×D375×H205mm
重量:約4.0kg
消費電力:1105W
容量:1.0L(5.5合炊き)
付属品:しゃもじ、しゃもじ受け、計量カップ、無洗米用計量カップ

Amazonで見る

最近の炊飯器は、お米を銘柄によっって炊き分ける機能などがついた高級モデルが人気のようです。10万円を超えるものもめずらしくなく、もはや高級家電…。

でも、炊飯器の基本の役割はそのお米の良さを引き出して炊き上げること。今回ご紹介するのは、そんな炊飯器の原点のような一台なんです。

象印炊飯器の人気の理由はお米を素直に炊けるシンプルさ

NP-VN10は2015年夏に発売された象印のスタンダード機ですが、いまだに高い人気を誇る炊飯器です。

人気の理由は1万円ちょっとという手軽なお値段もあります。でもそれに加えて「炊飯器独自の味付けをしない、素直に炊ける炊飯器」で、銘柄本来の味を楽しむのにもってこいの一台だというところ。

最近のの炊飯器は高機能化して、どんなお米でもふっくら美味しく炊くことができる一方で、銘柄の良さを消してしまうという見方もあるんです。

こちらの炊飯器は「お米の銘柄の良さを引き出す」ことに特化したシンプルモデル。そのお米本来の味を原点に戻って楽しむことができます。

五ツ星お米マイスターも納得する炊きあがりです

このベストセラー炊飯器で炊いたお米を、五ツ星お米マイスターの片山さんに試食していただいたところ…

コシヒカリらしい粘りと甘みがしっかり再現されていると高評価!

象印の得意な「高圧力」は搭載していませんが、それでもご飯をおいしく炊くための機能は十分備えています。

また、使い勝手も悪くありません。内ぶたを外して洗えるのでお手入れがしやすく清潔。保温時間も最大30時間と長く、申し分ありません。炊飯器は10万円超えの商品が並ぶなか、1万円台でこの性能はまちがいなくお買い得といえます。

以上、アマゾンベストセラーの炊飯器のご紹介でした。主食のお米はやっぱりおいしくいただきたいですよね。買い替えどきの方はぜひチェックしてみてください!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ