無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デスク周りの配線をうまく隠す!おしゃれな賃貸インテリア実例まとめ[教えて!グッドルーム]

インテリア

うまく隠したい、パソコンやテレビ、ルーターなどの配線。賃貸でもできる、おしゃれにすっきりと見せる工夫とアイデアをまとめました。

配線を整理する前にここをチェック!

コンセントや差込プラグ、コードの周りは、家庭内で火災の原因となりやすい場所です。
差込プラグとコンセントとの間に埃が溜まって起きる「トラッキング火災」や、発熱による火災などがよく起きています。
配線周りを整理する際も、何より安全が第一! 特にこんなことには気をつけてください。

・差込みプラグとコンセントとの間に緩みがないか、定期的に確認しましょう
・電源コードは家具で下敷きにしたり押し付けて傷つけたりしないように
・電源コードを束ねたりねじれた状態で使うのは熱を持つため危険です
・コンセントやコードには、使用できる電気量に制限があります。過度なタコ足配線は避けましょう

配線をうまく隠すインテリア実例まとめ

DIYでデスク裏に配線収納を作る

atsuyanさんが暮らしていらっしゃるのは、20㎡ほどの1Kのお部屋。「正方形よりも縦長のほうがリモートワーク用のデスクを置きやすい」と選ばれた縦長の6畳、こだわりのデスクを入口近くに配置しています。

こちらが、こだわって作り上げたワークスペース。電動昇降機能のついた脚と、サイズオーダーした天板を組み合わせ、天板の裏側にはノートPCをセットしたり、配線を隠すネットなども仕込まれているそう。(このお部屋はこちら)

このお部屋はこちら

ボードのうしろに隠す

goodroomのリノベーション設計スタッフ、小林さんが暮らしているのは、30㎡ほどのワンルーム。リモートワークでも重宝しているというこちらのワークスペースは、DIYで作ったデスクと棚が特徴。

ラブリコで壁に有孔ボードの棚を作り、デスクはソーホースブラケットで作った脚にシナ合板の天板を載せて。配線が見えないようにもこだわっていて、全て壁の後ろ側に隠されているため、すっきり見えます。(このお部屋はこちら)

このお部屋はこちら

ダイニングテーブルでのリモートワークもすっきり

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ