無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カルディ「パンダブラック杏仁豆腐」で作るハロウィンデザート。そのまま食べるだけではもったいない♪

グルメ

カルディでもっとも有名なオリジナルスイーツと言っても過言ではない「杏仁豆腐」に、ブラックバージョンが新登場!これから迎えるハロウィンのシーズンに向けて、黒いデザートのレシピをご紹介します。ブラック杏仁豆腐の味わいや素材、楽しみ方も、詳しくお伝えします♪

カルディの杏仁豆腐にブラックパンダが仲間入り!

Photo by akiyon

「手軽に楽しめるし、濃厚でおいしい」とリピート買い続出のパンダ杏仁豆腐に、このたびブラックタイプが登場しました。パッケージを見てみると、パンダがいつもと違ってなにやら怪しげな表情……!どうやら、これからのハロウィンシーズンにもうってつけのアイテムのようですよ。

さっそく簡単なハロウィンスイーツのレシピをご紹介しつつ、気になる味わいをレポートしたいと思います。それにしてもどうして黒いの?食べたら舌が黒くなっちゃうのかしら……?

パンダ杏仁豆腐のレビューはこちら▼

ハロウィン仕様の「パンダブラック杏仁豆腐」

Photo by akiyon

440円(税込)

「パンダブラック杏仁豆腐」は、カルディファンならもうお馴染みの「パンダ杏仁豆腐」の黒いバージョン。このまま冷蔵庫に入れて冷やすだけですぐに楽しめる、紙パック入りのおやつです。

サイズは14.5×7.5×4.5(cm)で、内容量は540g(500ml)。気になるカロリーは、100gあたり160kcalです。常温保存できますが、そのまま食べる場合は冷蔵庫で冷やし固める必要があります。

楽しみ方は “白パンダ” と同じ!

Photo by akiyon

ブラックタイプの杏仁豆腐の楽しみ方は、白い杏仁豆腐とまったく同じ。一番簡単な食べ方は、紙パックごと冷蔵庫で冷やしてからそのまま食べる方法です。パック上部の点線を順番にはさみでカットすると、上手にプルルンと杏仁豆腐を出すことができますよ。

そのほか鍋に入れてとろ火で温めてから、型や容器に入れて好みの形に固めることも可能。ふだんのおやつからおもてなしスイーツまで、いろいろなシーンに対応できるところが人気の秘密のひとつです♪

“ブラック” の正体は炭末色素

Photo by akiyon

パッケージから出てきた杏仁豆腐は、 “黒” というよりは炭の色を少し薄くしたような “薄墨色(うすずみいろ)” に近いかも。それもそのはず、この色の正体は炭末色素なんですね。

ちょっと溶けた部分も、まるで墨汁みたい。とはいえ食品に使っても安全な材料とのことなので、安心して楽しみましょう♪

見かけによらず濃厚クリーミー!

Photo by akiyon
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ