無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最大1200枚まで! 名刺管理は“増やせる”ファイルにおまかせです

ライフスタイル

「あれ、どこに行ったっけ…」名刺管理に満足していますか?

「いつかちゃんとしよう」そう思っていても、なかなか手がまわらないのが名刺管理。

・とにかく大量の名刺を保管したい
・デジタルに管理したい
・できるだけコンパクトにしたい

など、さまざまなお悩みがあると思います。

そこで、アナログに大量の名刺もコンパクトに収納できて、デジタル管理にも使いやすい名刺ファイルを2点ご紹介します。

まずは、「アナログに管理したい!」という方におすすめな、大量の名刺をコンパクトに収納できるタイプからご覧ください。

たっぷり収納してもスッキリ!背幅のミゾがポイントです

[収納枚数:最大600枚]

コクヨ
カードホルダー <ノビータ> (固定式)
メイ-N260B
実勢価格:1069円 → セール価格:767円
※本日11月9日22:30までAmazonのタイムセール対象

Amazonで見る

他の書類と違い、名刺は基本的に捨てないことから、次々と増えていってしまいますよね。だからこそ、最初に大容量タイプを買うことになるのですが、中身が少ない時は背幅が邪魔になってしまいます。

そこで、この「ノビータ」は背表紙に数段階の折り目をつけています。中身が増えるたびに、折り目の分だけ少しずつ幅は増えていくので、最小限の背幅をキープできるんです。

だから中身が多いと膨らんで、少ないと薄いままというわけ。だから、一見薄く見えても最大600枚まで対応できるんです。

また、大量に収納したときでも使いやすいのが、ノビータのすごいところでもあります。

実際に、同じ500枚のコピー用紙を入れたファイルで厚みを比べてみました。ここではノビータのクリヤーブックタイプを使用しています。

少ないときは背幅が余ってスカスカですが、たくさん収納すると表紙が跳ね上がってしまいます。

背幅が中身の厚みについてくるので、このとおり。まるで本のようにフラットです。これなら、積み重ねても崩れる心配はありません。

会社のデスクで置き場に困った時でも、これなら安心ですね。名刺をアナログ管理する方は、「カードホルダー <ノビータ> (固定式)」がおすすめです。

本日11月9日22:30までAmazonのタイムセール対象なので、ぜひこの機会にどうぞ。

「ノビータ」はポケットが固定式ですが、次にご紹介するのはファイル単位で追加や入れ替えができるブックタイプです。

デジタル管理用シートつきファイル単位で入れ替え可能

[収納枚数:最大400枚(200名×2冊の場合。ファイル追加で最大1200枚)]

コクヨ
名刺ブックα <ノビータα>
メイ-NT20D
実勢価格:1306円

Amazonで見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ