無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これは避けて!40代女性がやりがちなロングスカートNGコーデ

ファッション

「ロングスカート」は40代女性の定番ボトムス。特に秋冬はフルレングス丈の着用率が高くなりますが、面積が大きいため「着られている感がある」「おしゃれに見えない」という落とし穴も。大人の女性が避けたいロングスカートのNGコーデについてお伝えします。

ロングスカートがおしゃれに見えない時はここがNGかも!?

ロングスカートがおしゃれに見えないコーデの落とし穴はここだった!

「ロングスカート」は40代女性の定番ボトムス。だんだん寒くなってくる秋冬はしっかり長さのあるロングスカートの着用率が高いのではないでしょうか。ですが、このフルレングス丈のロングスカートは面積が大きいせいか、「着られている感がある」「おしゃれに見えない」という落とし穴も残念ながら存在します。大人の女性がやりがちな、ロングスカートが野暮ったく見えやすいNGコーデについてお伝えします。

1. コーデ全体がゆったりサイズで体型が丸く見える

【OKコーデ】ゆったりしたサイズ感の時はモノトーンですっきり見せて 出典:WEAR

40代になり、あまりフィット感のあるアイテムは着なくなった、そして今年のトレンドでオーバーサイズも流行中だから、ゆったりしたサイズの服ばかり着ている、という大人の女性も多いのではないでしょうか。

ですが、ロングスカートはもともとボリュームが出やすいアイテム。それに加えて、秋冬は素材も厚みが出て、肌もしっかり覆われるため、全体的にゆったりしたサイズの組み合わせだと、シルエットが丸くなり、太ったように見えてしまうことも。

そんな時は、写真のように厚手の素材でもすっきり見せてくれるモノトーンでまとめるのがおすすめ。足元は黒ではなく、軽やかさを出してくれる白を合わせて、意識的に抜け感ポイントをつくるのもおすすめです。

2. アウターとのバランスが悪いと違和感の原因に

【OKコーデ】アウターが馴染まない時は、ショートorロングに絞って 出典:WEAR

ロングスカートは実はアウター選びが難しいアイテム。もともと面積が大きく、重たい印象になりやすいボトムスに、中途半端な長さのアウターを合わせてしまうと、重心が下がり、野暮ったく見えてしまうことも。

アウターがいまいち馴染まない、という時は、中途半端な丈のものは避けて、写真のように腰丈ぐらいのショート丈か、もしくはしっかりと長さのあるロング丈のアウターかのどちらかを選ぶと自然にまとまりやすいです。

3. 渋め、暗めな色合いだと若々しさに欠けるかも

【OKコーデ】暗めの色使いの時こそ、小物などで統一感を大事に 出典:WEAR

ロングスカートはボリュームがあり、パンツよりも横に広がって見えるので、シルエットにメリハリがつけにくいのが要注意ポイントです。さらにコーディネート全体が渋く、暗めな色使いだとメリハリもつけにくいので、マイナスな印象になる場合も。

特に冬の暗めな色使いのコーディネートは、無難さが先立って見えたり、年配の女性とかぶりやすいという面もあります。

暗めの色使いを「地味」ではなく「シックでおしゃれ」に見せるには、例えば写真のようにバッグとシューズを似た素材の同じ色で揃える、ヘアはまとめるなど統一感を意識して、すっきり見せるのがポイントです。

4. 上下重ための冬素材できっちり揃えると少し古いかも

【OKコーデ】重たい素材のトップスには軽やかなボトムスを合わせて 出典:WEAR

一昔前はニットにはウールのスカートなど、冬は冬素材のアイテムを着るのが一般的でした。ですがどこか力の抜けたファッションが主流の今は、きっちり揃えすぎると、少し古い印象に見えてしまうかも……。わざわざ衣替えはしない、クローゼットが一年を通して同じ、という人も多いですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ