無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ウワサの猫島へ行ってみた♪もふもふ癒され旅を大分・深島で体験♪

旅行・おでかけ

大分県の最南端の海に浮かぶ深島。自然いっぱいの小さな島では、約80匹の猫が島民に見守られながらのんびりと暮らしています。かわいい猫たちに囲まれてリフレッシュしたい!そんな人にぴったりの癒しのねこ島旅をご紹介します♪

島民に聞いた深島猫の魅力&楽しみ方

島にある唯一の食堂・深島食堂や、深島みそ工房などをご夫婦で営む安部あづみさんに、深島猫についてお伺いしました。安部さんは2016年に結婚を機に深島へ移住。猫の全頭去勢手術を行う運動の中心を担い、地域猫への取り組みも発信されています。

深島の猫は片耳がすべてカットされた「さくらねこ」。これは避妊手術をした証です。以前は猫が増え過ぎ病気になる猫も多かったそう。手術後に適度な数になることで元気できれいな猫が増えたそうです。

深島ねこ図鑑1760円

猫たちは島の人にとって家族と同じ存在。グループごとに猫をお世話する家が決まっていて、野良猫でも飼い猫でもない「島の猫」です。島民が猫を大事にしていることもあり、人懐っこい温厚な猫が多いとか。一匹ずつに名前がつけられ、深島食堂で販売する「深島ねこ図鑑」では、名前と性格を知ることができますよ。

画像提供:佐伯市観光協会(写真左、右下)

安部さん曰く、抱っこが好きな猫、警戒心の強い猫、本当は抱っこしてほしいけど怖がりな猫…猫の性格もさまざま。じっくり接して、個々で異なる性格を楽しんで、とのこと。

おすすめの季節は日に当たりによく出てくる冬。人間の膝の上で暖をとる猫もいるそうで、芝生で猫たちと4時間ひなたぼっこ…という人もいたそうです!

画像提供:佐伯市観光協会(写真右)

島ではヤギやニワトリも飼われており、こんなレアなショットが見られることも…。

地魚ランチを食べ、おみやげは名産の味噌を♪

猫と遊んでおなかがすいたら、島で唯一の食事処・深島食堂へ。特等席は、絶景の海に臨むテラス席!

「本日のお魚定食」1000円。旬の地魚を深島みそで味付けし、滋味深い

定番は、近海の魚を深島みそで味付けた定食です。魚介たっぷりのバーベキュー(2名以上、3000円~)を楽しんだり、カフェ使いすることもできます♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ