無料の会員登録をすると
お気に入りができます

何が出るかな?ダイソー焼き型でロシアンルーレットちぎりパン

レシピ

生地作りとフィリングについて

今回生地作りはポリ袋を使い、冷蔵庫におまかせの低温発酵。生地の発酵によるポリ袋内での内圧で仕上げ、捏ねも済ませます。

また、バターは溶かして混ぜることでより簡単に仕込めるようにしました。それでもふんわりと充分美味しく仕上がりますよ。前日のひと手間で翌朝には勝手に生地作り完了。

また、今回フィリングには定番のあんこやチョコレート、ウィンナーチーズなどのほかに、キムチ&チーズやはちみつ梅干しを紛れ込ませました。当たりを引いても美味しくいただけるフィリングになっていますが、おいしさと盛り上がりと、そのあたりのバランスはお好みで。変わりダネを包んでちょっぴり闇鍋的な?ロシアンルーレットちぎりパンも楽しいですね。

使用する型について

型はダイソーの「型紙不要!シリコンコーティングケーキ型5号」(15cm丸型・200円商品)を使います。ネーミング通り型にシリコン樹脂加工がされているため、さっと油脂を塗って使えば面倒な敷き紙も不要。型に生地がこびりつかずストレスフリー。

また、金属製のため熱伝導もよく、今回のようにこんがりふんわりと仕上げたいちぎりパンにもぴったり。パウンドケーキの生地を流して焼いてもいいですし、お一つ持っていると重宝しますよ。

ロシアンルーレットちぎりパンの作り方

使用する道具

・厚手のポリ袋 1枚
・ボウル
・泡立て器
・スケッパー
・布巾
・はかり
・めん棒
・15cm丸型

材料(15cm丸型1台分)

(パン生地)
◎強力粉 160g
◎砂糖 16g
◎塩 2.5g
○無塩バター 8g
○牛乳 60g
○水 52g
・ドライイースト 小さじ1/2

(フィリング)
・ピザ用チーズ 20g
・ウィンナー 1本
・キムチ 5g
・はちみつ梅干し(種をとる) 1つ
・一口チョコ 2つ
・あんこ 10g×2つ

作り方

生地の仕込み(10分程度)

① はかりの上にボウルとポリ袋をセットし◎をはかり入れる。ポリ袋に空気を含ませ口を閉じフリフリ。

② ボウルに○の材料をはかり入れ、ラップなしでレンジ600wで30秒加熱。泡立て器で混ぜ、余熱でバターを溶かしたら、ドライイーストも振り入れよく混ぜ溶かす。

③ ①のポリ袋に②を流し入れ、空気を含ませ口を閉じフリフリ。ポロポロとしてきたら空気を抜き、袋の上から揉み込みなじませる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ