無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2021年最新版]人気のデパコスアイシャドウは? パレット&単色おすすめ23選

メイク

カラーバリエーションが豊富なアイシャドウはいくつ持っていても飽きないし、新しいカラーを使ってメイクするときは心が躍るもの。withマスクが当たり前の今、さらに目元にこだわる人が多数。そこで今回は、アイシャドウの種類・選び方や、人気のおすすめをご紹介します。定番人気から最旬カラーまで、人気ブランドの注目アイテムが盛り沢山! 運命の一品がきっと見つかるはず。

▼あわせて読みたい

大人の美人アイメイク|40代におすすめの最強パレットとトレンドカラーは?

1.アイシャドウの選び方

アイシャドウを選ぶときにポイントとなるのは、パウダーやクリームといったテクスチャー、自分の肌色などに合わせたパーソナルカラー、単色やパレットなどのセット内容の3つが挙げられます。ここでは、それぞれの観点から選ぶときのコツをご紹介します。

テクスチャーのタイプで選ぶ

アイシャドウには大きく分けて3種類のテクスチャーがあります。パウダータイプ、クリーム、リキッド、それぞれの特徴を分かりやすく教えます。

アイシャドウの中でもっとも主流なパウダータイプ。色の濃淡やグラデーションがつくりやすく、アイメイク初心者でも使いやすいのが大きなメリットです。また、ラメやパール、マット、シアーなどの質感が豊富で、選択肢の幅が広いのも魅力。肌質やアイテムによってはカサつきや粉飛びを感じることもありますが、メイク前の保湿やアイシャドウベースを使うことでカバーできます。

肌に密着しやすく、粉飛びの心配も少ないクリームタイプ。のびや発色の良さはアイテムによって異なりますが、ツヤ感のあるアイメークに仕上げ、垢抜けた印象に。濃淡の調整がラクにでき、グラデーションもお手のもの。肌なじみのいいカラーはパウダーアイシャドウのベースとして使うこともできます。

軽やかで肌にフィットしやすい液体ベースのリキッド。これからのイベントシーズンに重宝する大粒ラメ入りやパールタイプ、マットタイプなど質感はさまざまです。ほかのタイプに比べて発色が穏やかなものが多いので、初心者はもちろん、色ではなく質感で魅せたいときにもピッタリ。

カラーで選ぶ

TPOや季節、普段のファッションを踏まえてアイシャドウの色を選ぶだけでなく、イエベやブルベなどのパーソナルカラーも意識してみては。肌色や雰囲気に合ったカラーで、より印象的な仕上がりに。

パーソナルカラーとは、自分の生まれた持った色素(肌や瞳、髪の色)と調和のとれる色のことを指します。パーソナルカラーをメークに取り入れると、肌や顔色を美しく見せることができるだけでなく、統一感も生まれて洗練された雰囲気に。
パーソナルカラーを見分ける際は、まず肌の色みを見て「イエローベース(イエベ)」か「ブルーベース(ブルベ)」なのかを判断します。黄みを含んだように感じる肌色は「イエベ」、青みを含んだように感じる肌色は「ブルベ」。

同系色の布やペーパーをいくつか首元にあててみて、黄みがかった色が合うのか、青みがかった色が合うのかチェックしてみるのもおすすめです。例えば、ピンクの中でも黄みがかったサーモンピンクが合うならイエベ、青みがかったパープル寄りのピンクが映えるならブルベ。実際に自分でいくつか色をあてて見比べてみると判断しやすいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ