無料の会員登録をすると
お気に入りができます

指先の冷え対策に♡暖かくて肌触りの良い上質なくつした特集

ファッション

日常に寄り添う、からだに心地よい靴下

ドイツ語で「しあわせ」と「やさしさ」を意味する「グリュックントグーテ」は、自然素材にこだわったレッグウェアとお菓子を扱うブランド。二人の子どもを育てながら、辺牟木ちさとさんが、からだに心地よいもの、心が豊かになるものをテーマに商品開発しています。

「自然素材の靴下は、シンプルになりすぎないよう、無地でも糸の出方や切り替えなど細部に気を配り、見た目にも素敵に仕上げられたらと思っています。また同じデザインであっても色によって全く見え方が異なるので、楽しんでいただけるよう色選びも重要視しています」(辺牟木さん、以下同)

今回はグリュックントグーテのなかでも、特に寒い季節に活躍してくれる靴下を教えていただきました。

足の肌着で重ね履きも快適に

靴下の重ね履きの1枚目におすすめなのが「五本指 足の肌着 絹とウール」。足に触れる内側が絹、外側がウールで編まれており、ふっくらとした履き心地で足をあたためてくれます。こちらはかかとの曲がりがない珍しいデザイン。

「かかとがないので上下左右を入れ替えて履くことができ、一箇所に負担がかからないので破れにくく、長く愛用することができます。内側のパイル編みがほどよいクッションとなり快適にお使いいただけると思います」(同)

この上に履く靴下は、絹や綿・ウールなどの自然素材の靴下がおすすめとのことです。

「五本指 足の肌着 絹とウール」 1,800円〜2,100円(税抜)※長さにより異なります。

1枚で2枚分のあたたかさが手に入る

「絹ウール二層靴下ミドル丈」は、絹の靴下にニュージーランドメリノウールの靴下を重ねた二重構造の靴下。1枚で2枚分の厚みがあるため、あたたかく、素材の持つ吸湿性や放湿性のおかげで、さらさらとした履き心地。

「足元がどうしても冷えるという方におすすめしています。気温が1桁のときなど、底冷えする寒い日にぜひ履いていただきたい靴下です」(同)

足首部分は、特殊な編み方でずれ落ちにくく優しい着用感になっているそう。あたたかさだけでなく履き心地へのこだわりも嬉しいポイントです。

「絹ウール二層靴下ミドル丈」 M寸2,700円(税抜)L寸2,800円(税抜)

就寝時の足にやさしい寝間着

休息時や就寝時用の靴下「足の寝間着」。こちらは肌が触れる内側がオーガニックコットン、外側がニュージーランドメリノウールの糸で編まれています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ