無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私は天才じゃない。元モー娘。後藤真希が感じた“理想像”と“自分らしさ”の両立の苦悩

エンタメ

あこがれの人、がんばってる人、共感できる人。それと、ただ単純に好きだなって思える人。そんな誰かの決断が、自分の決断をあと押ししてくれることってある。20~30代のマイナビウーマン読者と同世代の編集部・ライターが「今話を聞いてみたい!」と思う人物に会って、その人の生き方を切り取るインタビュー連載。

取材・文:高橋千里
撮影:大嶋千尋
編集:鈴木麻葉/マイナビウーマン編集部

小学生時代、“後藤真希”は憧れの女性だった。

私の小学生時代はモーニング娘。(以下:モー娘。)一色だった。初めて自分のお小遣いで買ったCDは『LOVEマシーン』だし、楽曲に合わせて見よう見まねでダンスを踊ったり歌ったり、友達と推しメントークで盛り上がったりした。

そんなモー娘。の中でセンターを張り、一際クールに輝いていたのが、彼女だった。

2001年にソロデビューを果たし、その後もハロー!プロジェクト(以下:ハロプロ)内で数々のユニットを結成。2007年にはハロプロを卒業し、ソロで歌手活動を続ける傍ら、最近はYouTubeチャンネル『ゴマキのギルド』でゲーム配信などをし、老若男女問わず新たなファンを増やし続けている。

そして2021年には、10年ぶりの有観客ライブ、そして10年ぶりの写真集を発売することになり、世間を騒がせた。まさに「後藤真希の集大成」ともいえる1年だが、今年36歳になった彼女は今、何を思っているのか。

世間に求められる理想像とのギャップ

“オトナになった今が一番飾らない自分でいられる”

この一文は、11月に発売された写真集『ramus』の告知文に添えられた、後藤真希の本音ともいえるメッセージだ。

「“自然体な私”というのは、気を使わないというか、変にかっこつけず、思ったままの雰囲気でそこにいる姿のこと。この写真集を撮ったとき、カメラの先にファンの方々を思い浮かべたんです。そうしたらすごく楽しい気分になって、自然な表情でいられたんです」

芸能界デビューを果たしてから今までずっと、目の前のファンの存在を一番大事に考えてきたという後藤真希。ハロプロで活動していた頃も、それは変わらなかった。

「モー娘。時代のライブでDVD撮影用のカメラが入っていたときも、私はあえてそこに目線は送りませんでした。今思えばカメラマンさん泣かせだったかも(笑)。それだけ、会場に来てくれたファンの方々に向けてパフォーマンスしたかったんですよね。そのほうが私自身も楽しかったですし、目の前にいるファンを大事にしたかったので」

当時から、自分の信念を貫くタイプだったという。「楽しくないときに、無理にアイドルスマイルを作らない」「自分の好きな髪型でパフォーマンスする」など、誰に何を言われようと自分のやりたいことをする、という姿勢は今も変わらない。

ただ、それでもグループに所属している以上、“世間に求められている後藤真希”のイメージに応えなければいけないこともあった。

「新曲やツアーのたびに、前回よりダンスや歌のレベルアップを期待されていたので、プレッシャーは大きかったですね。それをどうやって、いい意味で裏切って超えていくかが課題で。私自身も理想が高くなるし、『このレベルに達しないと私はダメだ』と思ってしまうから、なかなかそこに辿り着けなくて苦しんだこともありました」

“天才肌”として見られていた後藤真希ならではの苦悩。完璧なパフォーマンスやカリスマ的な魅力は、天性の才能なんかではなく、影の努力によって作られていたものだった。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ