無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いよいよ完結!舞台『黒子のバスケ』メインビジュアル&全配役一斉解禁

週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画『黒子のバスケ』の舞台『黒子のバスケ ULTIMATE-BLAZE』が、2019年4月30日(火)~5月19日(日)東京、大阪、愛知、福岡の4都市にて上演されます。舞台『黒子のバスケ』完結となる本作の、ストーリーやキャストなどをご紹介します。

カルチャー

2019年春に舞台『黒子のバスケ ULTIMATE-BLAZE』が上演されます。原作は漫画『黒子のバスケ』で、「スポーツマンガベスト100」のアンケート投票で2位を獲得する人気作品です。今回は、舞台『黒子のバスケ ULTIMATE-BLAZE』のストーリーや注目キャストをご紹介します。

舞台『黒子のバスケ ULTIMATE-BLAZE』の魅力

舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE-BLAZE オフィシャルHPをリニューアル!メインビジュアルを公開しました! https://t.co/6oZdXZ8iMK #くろステ pic.twitter.com/CAHeAEMLOh— 舞台「黒子のバスケ」 (@kurobasstage) 2018年11月26日

https://t.co/6oZdXZ8iMK
#くろステ
pic.twitter.com/CAHeAEMLOh
2018年11月26日

『黒子のバスケ』とは

2009年~2014年に亘り週刊少年ジャンプに掲載されていた漫画『黒子のバスケ』は、高校バスケットボールを題材とした作品です。男女問わず絶大なる人気を持つ作品で、全30巻の単行本の累計発行部数が2800万部を超えるほど。

個性あふれるキャラクターたちや切磋琢磨し成長する姿は、老若男女あらゆる人々に響き、アニメやゲームなどさまざまなコンテンツに派生しています。舞台では既に3作品が上演され、本作が第4弾となります。

ストーリー

インターハイと並ぶ“高校バスケットボール大会ウィンターカップ”のベスト4まで登り詰めた誠凛高校は、海常高校VS福田総合学園のどちらかと準決勝で戦うことになります。誠凛の「黒子テツヤ」と「火神大我」は、海常の「黄瀬涼太」との試合を待ち望んでいましたが、福田総合には「黄瀬」の因縁の相手である強敵「灰崎祥吾」の姿が。

ところかわり準決勝一試合目は、秀徳高校VS洛山高校。“キセキの世代”と呼ばれるバスケの天才たちの1人「赤司征十郎」率いる洛山の、実力があらわとなる一戦です。

「“キセキの世代”を倒して日本一になる」という「黒子」と「火神」の誓いは果たされるのか。そして、それぞれの選手たちの戦う姿も必見です。

原作ファンも納得の注目キャスト

小野賢章さん/黒子テツヤ役

主人公「黒子テツヤ」を演じるのは小野賢章さん。俳優として舞台で活動するほか、声優や歌手としても活躍しており、アニメ『黒子のバスケ』でも「黒子」を演じていました。

身長の低い「黒子」同様、小野さんも身長170cmと男性としては小柄で、その姿は「黒子テツヤ」そのもの。異常に影が薄く無表情でテンションの低い人物で、なかなか感情などを表現しにくいキャラクターですが、小野さんの俳優・声優で培ってきたスキルで見事に演じ切っています。

小野さんは、ハリーポッターシリーズで有名なダニエル・ラドクリフさんの吹き替えを担当しているので、聞き覚えのある声と感じるかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ