無料の会員登録をすると
お気に入りができます

回遊できる空間づくりで家も遊び場帰るのが楽しみになる家

群馬県で暮らすSさん一家。広々とした敷地を生かしてつくられた、開放的でありながらも一体感のある空間は、家族の距離も縮まる楽しい家に。

インテリア

都心から離れる暮らしを選んで

群馬県で暮らすSさん一家を訪ねた。元々東京で暮らしていたが、上のお子さんが3歳になるのを機に、このまま東京で暮らすのか夫婦の実家がある群馬県に戻るのかを考え、戻ることを選び現在7年が経った。Sさんのご主人はデザインの仕事をしていたが、群馬に戻るのを機に実家の家業でもあった農業も始めたという。「この家は昨年の年末にできました。それまでは親戚の敷地にあるぼろぼろの空き家に住んでいました。それで家を建てようと。仕事もせっかくこっちに住むんだったら農業をやってみようと思って、デザインの仕事もしつつ、最初は両親の手伝いから始めました」。仕事も今では農業がメインになりつつある生活だという。
そうして家を建てるにあたって、設計は東京時代から旧知の仲で建築事務所を営む佐々木郁さんにお願いした。

佐々木郁さん

玄関からリビングを見ると、すでにこの開放感の明るい空間が広がる。左側のグレーの壁は黒板としても使え、マグネットも付く素材に。

キッチンとダイニングテーブルの高さをそろえて、ひとつながりに。奥さんは食事の準備から片づけまでの動線が使いやすいと大喜び。

2階から見下ろす。書斎スペース脇の窓が明るさとともに外の風景を切り取り、印象的に見せてくれる。

階段に腰掛ければこんな小さな公園のようにもなる。シンプルな手すりは空間をつなげる一役を買っている。手すりは洗濯物干しにも使っているという。

空間の一体感を出す工夫

玄関から数段の階段を上がると大きな開口と2階まで吹き抜けている高い天井の大空間が目に飛び込んでくる。柱や壁で仕切るのではなく階段で各スペースをつなげている、まるでアスレチックのような構造だ。というのも、Sさんのこんな要望があったのだ。「ただ寝るだけ、とかでなく楽しい家がいいなって思っていて。子どもたちがここで過ごす時間を、大人になったときに何かわくわくして楽しかったな、と思い出してもらえるような家にしたいと思いました。それでなるべく壁で仕切らないような家にしてほしいとお願いしました」。
そんな要望を受けて設計をした佐々木さんは「この柱のない大空間をつくるために構造設計士の杉本将基さんに新しい方法を考えてもらったんです。8メートルの空間を柱なしで持たせるというのは木造のレベルを超えているのですが、天井と屋根の絶妙なバランスの構造設計によって太い梁を使わない軽やかな空間が実現できました。もちろん大工の技も必要です。あとは空間の一体感が出るように、中2階的な書斎スペースとリビングの高さをどれだけ近づけられるか、ということもすごく考えました」。

書斎スペースは、壁がなくとも天井に近いこともあり、思ったより落ち着く空間。窓からは子供たちが通学している姿も見える。

大きなテラスへ出られる踊り場を抜け、数段の階段が子ども部屋へと誘導してくれる。階段の下には収納スペースを。

子ども部屋は好きな色を選ばせてコーディネートした。長女は青が好きということで洋服も青が多い。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ