無料の会員登録をすると
お気に入りができます

NYからリノベーションを依頼北鎌倉の自宅に戻り久しぶりの日本文化を堪能

インテリア

グランドピアノは「NYスタインウェイM型」。タカギクラヴィアのタカギ社長がメンテナンスしている。

「夫は裏千家ですが、丹月流の茶室をそのまま使っています。NYに住んでいる娘のボーイフレンドが遊びに来た時は、見よう見まねでお茶を楽しんでいました」

月見台で四季の移ろいを楽しむ

2階が青木さん夫妻のプライベートな空間になっている。
「窓から見える樹々がとても美しかったので、窓を大きくして緑がよく見えるようにしたいとリクエストしました」
月見台は引っ越してから追加で付けたのだそう。
「リノベーションする前は寒い家でしたが、今は暖かく快適に過ごしています。この辺りの気候や湿気のことをよくご存知の、鎌倉在住の宮田さんにお願いして良かったと思います」
北鎌倉のこの家に越して2年が経った。
「庭は今まで手付かずでしたが、これから苔庭を作ろうと思っています。茶道をされている庭師さんにお願いしているので、きっと素敵な庭を作ってくださると思います。とても楽しみにしています」

「2階の窓からの眺めがとてもよかったので窓を大きくしていただいて、後から窓の外に月見台も作っていただきました」

2階のダイニングでは、主に朝食と昼食をとるそう。白い天井に映える古い梁が美しい。

2階のキッチンはコンパクトに。スリムな換気扇のデザインが美しい。

書斎の窓の外に広がる、四季折々の樹々の姿を楽しむ。

青木邸
宮田一彦(宮田一彦アトリエ)

宮田一彦アトリエ

所在地 神奈川県鎌倉市
構造 木造
規模 地上2階

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ