無料の会員登録をすると
お気に入りができます

NYからリノベーションを依頼北鎌倉の自宅に戻り久しぶりの日本文化を堪能

インテリア

1階はセミパブリックなスペースに

北鎌倉の緑豊かな場所に佇む青木夫妻のお宅。ここに1年ほど住むと約11年間の海外転勤となり、その間は借家として貸し出していた。
今回はそのような事情から、NYに住みながらの遠隔リノベーション依頼となった。建築家の宮田一彦さんに、手持ちの家具をメールで送るなどして、打ち合わせを重ねたのだそう。

宮田一彦

「NYに住んでいた時に家で勉強会を開いていたので、鎌倉の家でも同じような空間を作りたいと思っていました」と青木理恵さん。
1階はセミパブリックなスペースとしてセミナーや料理教室を開催できる場所に。スタインウェイのグランドピアノを置いてもなお広々と使える空間ができあがった。
「『青木山荘』と名付けて、お茶会やお稽古ごとに使っていただけるスペースにしています」
そして、2階はご夫婦ふたりのLDKと寝室・書斎のあるプライベートな空間としている。

北鎌倉。明月院の奥の緑に囲まれた静かな場所に建つ家のエントランスは、和の雰囲気を生かしている。

玄関は洗い出しに飛び石を配した造り。「青木山荘の文字は友人に書いていただきました」

玄関から一階リビングへ。素敵な絨毯やスタンドを配した、海外の生活が長かった青木さんならではのインテリア。

ハイスツールで囲むダイニング

NYや香港など、計21年以上海外で暮らした青木夫妻。滞在先の海外で購入した西洋の家具が、引き戸などの古い日本の建具を使ったリノベーションにしっくりと馴染み、その両方を引き立てあっている。
ハイスツールに座って食卓を囲めるダイニングテーブルは、真ん中にコンロがあるので、ここで温かい食事を囲んだり、料理教室をすることもできる。
「夕食は1階で、朝と昼は2階でとることが多いです」
1階の離れには茶室もある。
「ここはもともと建築家の丹下健三さんの弟さんご夫妻が住んでいらしたお宅で、茶室は丹月流の造りで水屋もあります。
飛び石、つくばいを通って庭から茶室に行くこともできます」

「NYの家のカウンターがとても気に入ってましたので、鎌倉の家にもお願いして作っていただきました。スツールに座った時に足が入るようになっています。ハイスツールはアメリカから持って帰ってきました」

カウンターには3つ口のコンロがあり、テーブルとしても使いやすいよう、普段はステンレスのカバーがかけられている。「食事をする時にアツアツのものをお出ししたいので、コンロをつけていただきました」

「夫がとても気に入っているワインを作る過程を描いたタペストリーです。窓を小さくしてこのタペストリーを飾る場所を作っていただきました(笑)」

「冷蔵庫や洗濯機、掃除機まで宮田さんに揃えていただきました。すぐに生活ができてとても助かりました」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ