無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひとりで“温泉×読書三昧”!大自然の中で、身も心も癒されるリトリート施設「湯河原惣湯」[第2回おひとり散歩]

旅行・おでかけ

“ひとり時間を、ひとりでも多くの人が楽しめるように”と、おひとりさま向けのメディア「おひとりさま。」をInstagramで運営しているマロ(@ohitorigram)が、ひとりだからこそ行きたいスポットを紹介する「おひとり散歩」。第2回目となる今回は、神奈川県・湯河原の万葉公園内にある「湯河原惣湯 Books and Retreat」。2021年8月のオープンにもかかわらず、湯河原の緑豊かな自然の中で、温泉と読書、お食事まで楽しめる施設として早くも話題となっているんです。身も心も癒されて、ひとりで最高にリフレッシュできたので、その様子をたっぷり紹介していきます。

貸し切り温泉や、サウナまで!大自然の中でお風呂を満喫

「湯河原惣湯」は、湯河原の万葉公園の中にあって、緑豊かな自然に囲まれているんです。

最寄りの「落合橋」バス停すぐ側の公園入口からメインの温浴施設までの道のりは、川沿いの遊歩道を歩いていくことができるのですが、この景観が圧巻…!まだ着いてもいないのに、「ああ来てよかった」と言いたくなってしまいます。

歩いてたどり着いた先には、こんな美しい施設が…!「湯河原惣湯 Books and Retreat」は、カフェとコワーキングスペースがある「玄関テラス」と、日帰り温泉施設の「惣湯テラス」の2つのエリアに分かれているのですが、今回はこの「惣湯テラス」を紹介していきます。

惣湯テラス全体/湯河原惣湯

今回は、食事ありのプラン(5500円)をチョイス。このプランを選択すると、温泉、ライブラリー、フリードリンク(アルコール含む一部ドリンクは2杯目から別料金)が利用できます。贅沢…!

「惣湯テラス」の全体図はこちら。館内は館内着を着用して移動することになっているので、着替えて早速「奥の湯」へ。

自然の中にポツンと立っているこの小屋が「奥の湯」です。

湯河原惣湯

なんとここは貸し切りの露天風呂!この温泉を独り占めできるんですよ~。

湯河原惣湯

「奥の湯」のほかに、露天大浴場「湯」もあるんです。見てください、この美しさ…!

この施設全体がそうなのですが、自然の景観を生かした建築で、息をのむ美しさなんです…。天井から降り注ぐ木漏れ日、素敵ですよね。

湯河原惣湯

パズルのような浴槽のデザインも美しくて。石で区切られている分、“半個室空間”のようになっていて、大浴場に他のお客様がいてもリラックスできます。素晴らしい…!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ