無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子どもが不登校になったら。親のあなたが忘れてはいけない“大切な選択肢”

子育て

こんにちは。 ママのためのオンラインサロン&スクールを運営している心理カウンセラーのrikaです。 子どもが不登校になった時、塾・転校・フリースクールなど、いろいろな選択肢を考えます。今回は、つい忘れてしまいがちな「もうひとつの大切な選択肢」について書いてみました。

子どもの不登校

stock.adobe.com

うちの息子が不登校になった時、私が一番最初に思ったのは、
学校に行かないなんてあり得ない!
でした。

行きたくないなんてみんなきっとそうだろうし、それでも頑張って無理にでも行くのが学校!

そう思っていたので、私自身、子どもが不登校になって最初のころは、本格的に不登校になってしまう前に学校になんとしても行かせようと必死になり、登校させることにとても執着してしまいました。

実際、そんなママは多いですし、それでも子どもは行かないのでママの苦悩は続くのです。

そして、不登校についての本やブログなどを読む中で、無理に学校に行かせようとしてはいけない。休ませなければならない。

いう情報を日々目にし、自室にひきこもっている子どもを目の当たりにして、今は学校に行かせることにこだわってはいけないんだ、登校させることに執着してはいけないんだ、と思うようになります。

そして、それなら学校に代わる何か別のことはないか?と、親は勝手に子どもができることを模索し始めます。

学校に行かないなら……

stock.adobe.com

どんな働きかけをしても学校に行かないという子どもの現実。
登校させることに執着してはいけないという情報。

これで、ママもどんどん不登校を受け入れていきます。
学校に行かないのは仕方ないと思えるようになります。

そして、次は、

なにかスポーツをしてみたら?
ウォーキングでもしてみたら?
勉強が心配だから塾はどう?
家庭教師にきてもらう?
何か習い事をしたら?
フリースクールを見学に行ったら?
転校したら行けるかも?

など、子どもにいろんなことを提案しがちです。

「何かはしている」という安心感

stock.adobe.com

何かさせないといけない!何かはしてほしい!

この思いは、
学校に行かないなら仕方ない。
それならせめて、その代わりになることを!
と、何かをさせることに執着しているということ。これは、学校から矛先がかわっているだけ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ