無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[速報]2019年絶対行きたい新スポット8選!無印良品プロデュースのホテル日本初出店も♪

2019年も、銀座や渋谷といった都心部や東京近郊に、新たなランドマークとなる大型商業施設や魅惑的なテーマパークが開業を控えています。物語世界を満喫できる「ムーミンバレーパーク」、クルーズ客船が寄港する埠頭の施設など、2019年オープン予定の新スポットを一挙にご紹介します。

旅行・おでかけ

無印良品プロデュースのホテルが日本初出店/MUJI HOTEL GINZA

(C)竹中工務店

日本初出店が注目されているのは、2019年4月4日にオープン予定の宿泊施設「MUJI HOTEL GINZA」。中国で展開する2施設に続く3施設目で、日本初出店となります。

場所は、ブランドショップが集まる銀座・並木通り沿い。地下3階、地上10階建ての複合ビル内です。6階にフロント、7~10階に全79室の客室を用意。地下1階にはレストラン「MUJI Diner」、1~5階と6階の一部には「無印良品 銀座」が入ります。

コンセプトは“アンチゴージャス、アンチチープ”。体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供し、店舗と連携することで「無印良品」の思想を体感できるホテルを目指します。2019月3月中旬に宿泊予約開始予定。

MUJI HOTEL GINZA

住所:東京都中央区銀座3丁目103番3、4、6、14、15、21、40(地番)
最寄駅:銀座/銀座一丁目/有楽町

クルーズ客船が寄港!みなとみらいの新名所/YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT

馬車道駅から徒歩10分の新港ふ頭では、“ヨコハマ ウミエキ”を開発コンセプトに、大型クルーズ客船のターミナルを中心とした新施設の建設が進んでいます。

新港ふ頭客船ターミナル(株)と(株)T・Yホールディングスが推進する同事業の名称は「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」。敷地内に、1914年に設置された横浜港第1号のハンマーヘッドクレーンが歴史遺構として残っていることから命名されました。

地上5階建てのビルに、税関・出入国管理・検疫を行うCIQ施設、食をテーマとする体験・体感型商業施設、約200室の客室を備えたホテルを整備。2019年秋、クルーズ船客や観光客で賑わう新たなスポットが誕生します。

YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT
住所:横浜市中区新港2-14-1
最寄駅:馬車道/みなとみらい

大人気施設が生まれ変わって町田に登場/スヌーピーミュージアム

2018年秋に予定通りの会期を終え、惜しまれながら閉館した六本木の「スムーピーミュージアム」。同施設が南町田駅前に開業予定の「南町田グランベリーパーク」内に場所を移し、2019年秋にリニューアルオープンします。

「チャールズ M. シュルツ美術館」の唯一のサテライトミュージアムとして、世界中の新聞に掲載されたコミック「ピーナッツ」やスヌーピーの魅力を、貴重な原画や資料で紹介。ここでしか入手できないオリジナルグッズを販売します。

スペースは閉館した六本木の約2倍と広く、公園に面した緑あふれる環境を活かしたアウトドア・プログラムなども提供する予定。

スヌーピーミュージアム
住所:東京都町田市鶴間三丁目3-1、4-1 他グランベリーパーク内
最寄駅:南町田 ※2019年度中に「南町田グランベリーパーク」に改称して急行停車駅になる予定

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ