無料の会員登録をすると
お気に入りができます

<経験あり!>スマホもインターネットもなかった頃、不便だけれどなぜか楽しかったあの時代

ライフスタイル

今の時代、調べたいことがあればスマホやパソコンですぐに検索できます。はじめて行く場所は地図アプリで調べればいいし、遠くへ引っ越した友達ともSNSで繋がっていられます。インターネットが普及し、手元にスマホやパソコンがあるおかげですよね。しかし、現在アラフォーやアラフィフのママたちは、10代~20代の多感な時期にスマホはまだ発売されておらず、インターネットも今ほど手軽に使えない環境でした。生まれたときから気になったらすぐに検索できる環境が整っていた世代のママからしてみると、想像がつかないかもしれませんね。ママスタコミュニティにもこんな質問が上がりました。

『スマホも携帯電話もインターネットもない頃、お店や病院を探したり口コミを知りたいときはどうしていたの? はじめて行く場所は地図を持って行った? 遠くに住んでいる人と連絡を取るときは電話か手紙だった?』

この質問に、ママたちからたくさんの懐かしいエピソードが寄せられました。

病院は電話帳で探すか知人の紹介。グルメ情報は雑誌やテレビから

『病院はいちかばちかで電話帳で探す』
『とりあえず近い病院に行ってみる』
『ご近所や友達からの情報で決める』

病院の評判を知りたいときはご近所さんや友達から「あそこの先生は腕がいいよ」「あそこはいつも混んでいるよ」などの情報が頼りでした。まさに口コミです。あとは電話帳で探し、評判はわからないけれどとにかく飛び込んでみる……という体当たりの探し方しかありませんでした。相性のよい先生に出会えるかどうかは運次第でしたね。

『お店を探すときは、情報誌とかレストランガイドみたいなのが今より充実していたんだよ。雑誌をめくりながら時間を過ごすのも楽しかった』

グルメ情報、映画やコンサートの情報……当時は雑誌から最新の情報を得ていました。そのための情報誌が本屋にずらりと並んでいましたよね。雑誌を囲みながら友達と遊びの予定を立てたのも、いい思い出ですね。

『テレビを見て美味しそうなお店、と思ってメモ取るのを忘れたら、テレビ局に電話して聞いたこともあった』

こんな行動派のママもいました。数少ない情報をなんとかして得ようとみんな頑張っていました。そしてやっぱり一番頼りになるのは年長者の声! という意見もありました。

『会社の先輩など、目上の人に相談。飲食店に関してはネットの口コミよりよっぽど正確で参考になった』

インターネットの情報にも勝る人生経験、さすがです!

はじめて行く場所には地図を持参、あとは勘

地図アプリやカーナビがない頃は、はじめて行く場所にどうやってたどり着いていたのかというと……

『手書き地図を持っていく。あとは勘』
『地理を知っている人と一緒に行く』

徒歩の場合は、みなさん手書きの地図を持参していたようです。あとはその場所に詳しい友達に案内してもらったりもしましたね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ