無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40代の平均貯蓄額はいくら?

節約・マネー

40歳代の平均貯蓄はどれくらいあるのでしょうか? 一般的には収入も上がり貯蓄がしやすい頃です。40歳代の単身と2人以上世帯の両方の貯蓄事情をみてみます。

40歳代の平均貯蓄はどれくらいあるのでしょうか? 一般的には収入も上がり貯蓄がしやすい頃です。40歳代の単身と2人以上世帯の両方の貯蓄事情をみてみます。

金融広報中央委員会が調査した「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」 のデータから、40歳代の平均貯蓄をみてみましょう。

40歳代の平均貯蓄、単身800万円、世帯900万円?

年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値。単位:万円(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」)
表は単身世帯、2人以上世帯での年齢階層別の貯蓄額の平均と中央値です。中央値とは金額の少ない順に並べたとき、真ん中に位置する人の金額。平均値よりは実態に近い金額を表します。

また、この調査でいう貯蓄とは、運用のためまたは将来に備えて蓄えている部分とされていて、土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備えている部分は除いています。つまり、将来のために貯めているお金という位置づけです。

単身世帯での全世帯の貯蓄保有額は平均1062万円、中央値は100万円とのこと。そのうち、40歳代では平均818万円、中央値92万円。一方、2人以上世帯では全世帯の貯蓄保有額は平均1563万円、中央値は450万円とのこと。そのうち、40歳代は平均916万円、中央値300万円です。

40歳代の平均貯蓄は、およそ単身800万円、2人以上世帯900万円という結果となっていますが、実際はこんなに貯められているのでしょうか?

単身40歳代、「年収300万~500万円未満」の貯蓄は200万円前後

単身40歳代の年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値。また調査数を総数として記載(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査2021年)」)
表は40歳代単身世帯での年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値です。また調査数が総数として記載されています。この年収は就業に伴う収入や年金、不動産賃貸収入、利息収入等の収入などです。土地・住宅、株式などを売って得た収入は含まれません。

単身40歳代の平均貯蓄が818万円とのことでしたが、年収別で平均貯蓄をみると、「年収750万~1000万円未満」で3576万円、「年収1000万~1200万円未満」で3367万円、「年収1200万円以上」で7802万円と、年収750万円を超えると、一気に平均貯蓄が3000万円を超えています。調査の回答総数は少ないのですが、これらの高所得者が単身40歳代の貯蓄を大きく上げている様子がわかります。

このデータでの回答総数の最多層は「300万円未満」で、貯蓄の平均は223万円、中央値が2万円となっています。しかし別の統計の「民間給与実態統計調査(令和2年分)」では、40~44歳の平均給与は470万円、45~49歳では498万円とのこと。そこで、この「平均給与」が当てはまる年収階層である「年収300万~500万円未満」のデータをみてみましょう。

「年収300万~500万円未満」での平均貯蓄は772万円、中央値は215万円。中央値から考えると、実際の貯蓄は200万円前後という人が多いのではないでしょうか。

金融資産を持っていない割合をみると、「300万円未満」では半数。「300万~500万円未満」で25.8%に達しています。「年収500万~750万円未満」になると13.8%に減りますが、それでも単身40歳代で貯蓄がないのは厳しいところです。

ファミリー世帯40歳代、「年収500万~750円未満」で貯蓄480万円程度

2人以上世帯40歳代の年収階層別の金融資産保有率、貯蓄額の平均と中央値。また調査数を総数として記載(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査2021年)」)
続いて、表は40歳代2人以上の世帯での年収階層別の貯蓄額の平均と中央値です。ここでいう年収は世帯合算の年間手取り収入(税引後)です。ということは、共働き世帯などで夫婦2人の収入を合わせたものも含まれています。

40歳代2人以上世帯での調査で一番回答総数が多かった年収階層は「年収500万~750円未満」。共働き世帯も含まれるので、単身世帯よりは収入が高くなっています。この年収階層での平均貯蓄は961万円、中央値は480万円。単身世帯よりはしっかりと貯めているようです。中央値から考えるとファミリー40歳代の貯蓄は480万円あたりといえそうです。

金融資産非保有割合をみると、「年収500万~750万円未満」で20.8%。40歳代のファミリー世帯は子育て費用の負担が増えるころです。とはいっても、50歳代はさらに教育費がかかりますし、老後のお金も気になるところ。子育てファミリーは、早くから貯蓄の習慣をつけることが大切といえるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ