無料の会員登録をすると
お気に入りができます

電気代の節約方法が丸わかり!翌月の請求が安くなるポイントとは?

節約・マネー

「電気代がいきなり高くなった」「電気代を節約する方法はある?」など、毎月発生する電気代を少しでも安く抑えたいという方必見!電気代は、在宅が増えたことによる電力需要の増加に伴い高騰しています。そこで本記事では、電気代の世帯ごとの平均額や、電気代を安くする方法についてご紹介します。

世帯人数別の1カ月の電気代平均

Photo by iStock.com/Kiwis

電気代の平均額は世帯によって変化します。1人暮らしと5人暮らしの電気代を比較すると、約2.2倍ほど請求額に開きがあります。また家に住む人数が多くなれば、部屋の広さや使う家電の消費電力も大きくなるため、電気代は高くなりがちです。

とくに新型コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が増えている現在は、家電を使う頻度が増えるため、平均よりも電気代は高くなります。(※1)

電気代が高騰する理由

Photo by iStock.com/Aramyan

電気の使い過ぎ

電気代が高い原因として1番に考えられるのが、電気の使いすぎです。電気の使用量が増えればそれだけ電気代も高くなってしまいます。とくにエアコンをよく使う夏と冬は、電気代が高騰しやすい季節です。エアコンの使い方を見直すだけで、電気代節約に大きな効果が見込めます。

電源プラグの繋ぎっぱなし

電化製品の電源プラグを繋ぎっぱなしにしていませんか?こうして発生する待機電力も、電気代が高騰する原因です。待機電力は電気代全体の5%というデータがあるため、少しでも電気代を節約したいと考えている方は、こまめに電源プラグを抜くようにしましょう。

燃料調整費の値上げ

電気代が高騰する理由として、燃料調整費の高騰があげられます。燃料調整費とは火力発電の原料となる石油や石炭の購入額に応じて、自動的に変動する費用のことです。

2021年1月から火力燃料費は、15ヶ月連続で値上がりしており、15ヶ月前に比べて約1,500円値上がりしています。

ロシアのウクライナ侵攻の影響

電気代が高騰する要因として、ロシアのウクライナ侵攻があげられます。※2022年4月28日時点

ロシアは産油国であり世界各国に原油を輸出しているため、ロシアと日本の関係が悪化したことで原油価格の高騰につながっています。

電気代を節約する方法

Photo by iStock.com/ThitareeSarmkasat

春夏の電気代節約

春夏の電気代節約の要は、エアコン冷房の使い方です。エアコンは温度を低く設定するほど消費電力がかかるため、28度に設定しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ