無料の会員登録をすると
お気に入りができます

電気代の節約方法が丸わかり!翌月の請求が安くなるポイントとは?

節約・マネー

「電気代がいきなり高くなった」「電気代を節約する方法はある?」など、毎月発生する電気代を少しでも安く抑えたいという方必見!電気代は、在宅が増えたことによる電力需要の増加に伴い高騰しています。そこで本記事では、電気代の世帯ごとの平均額や、電気代を安くする方法についてご紹介します。

扇風機を回して空気の循環をしたり、遮熱効果の高いカーテンを使ったりすることで、28度でも部屋を涼しく保つことができます。

秋冬の電気代節約

秋冬の電気代節約の要は、エアコン暖房の使い方です。外気温と内気温が離れるほど消費電力は大きくなるため、設定温度は20度にするのがおすすめです。

また加湿器を併用すると、部屋の湿度が上がるため体感温度が高く感じられたり、扇風機で暖かい空気を循環させると、低い設定温度でも暖かく過ごすことができます。

新電力に契約変更をする

電気代を見直す方法として効率的なのが、契約している電力会社を見直すことです。電力自由化によって、電力事業に参入する企業が増え、今では電力を自由に選ぶことができます。電気の使い方を変えなくても電気代を抑えることができますよ。

新電力の種類は2022年4月時点で1298社登場しており、お住まいの地域や世帯数に応じて、1番安い新電力を見つけることが大切です。

家電の使い方を見直す

電気代を見直す方法として手軽にできるのが、家電の使い方を見直し、こまめに節電することです。例えば、先ほど紹介したようにエアコンの設定温度を変更したり、照明をこまめに消したりといった細かな行動が電気代節約につながります。
しかし電気を我慢した生活はストレスにつながるため、節電よりも電力会社を変更して電気代を節約するのがおすすめです。

古い家電の買い替えで電気代節約

電気代の節約効果を高めるなら、省エネ性能の高い家電に買い換えるのもおすすめです。家電の省エネ性能は年々進化しています。たとえば2010年の冷蔵庫と2020年の冷蔵庫の電気代を比較したところ、年間電気代は5,000円程度安くなっています。

大物の家電は一度買うと10年近く使うことも多いので、家電を購入するときは、最新の省エネ性能を搭載したタイプを選ぶようにしましょう。

電気代の節約におすすめの新電力

電力使用量が多い家庭ならLooopでんき

電気代を毎月5,000円以上使う家庭であれば、Looopでんきがおすすめです。一般的な電力会社は基本料金と従量料金の合計額が請求されますが、Looopでんきは基本料金が無料です。そのため従量料金という電気を使った分だけの支払いとなります。

例えば2人暮らしの場合、電気代は年間5,000円ほど安くすることが可能です。電気の使用量が多い方は、Looopでんきに申し込みましょう。

Looopでんきの申し込み・無料シュミレーションはこちら|家計の節約

特典重視ならENEOSでんき

電気代を節約するときに電気そのものの値引き以外にも、特典を重視したい方には、ENEOSでんきがおすすめです。

ENEOSでんきは、2年とくとく割という無料オプションをつけると電気代が1Kwhあたり、0.2円お得になります。さらに電気代をENEOSカードで支払うと、ガソリン代が1リットルあたり3円安くなるため、電気代もガソリン代も安くなるのが魅力です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ