無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1年後には家じゅうスッキリ!片付けのプロがすすめる「30分でできるスキマ時間片付け」3選

ライフスタイル

整理収納アドバイザーむらさきすいこです。片付けは休日など、まとまった時間の取れる時にしかできないと思っていませんか?実は、たった30分の「スキマ時間」でもじゅうぶん片付けを進めることができるのです。今回は、30分あればできる「スキマ時間片付け3選」をご紹介します!

①引き出し1段

たとえば文房具の引き出し。

山ほどのボールペンや、何年かかっても使いきれないほどのメモ帳が引き出しに入っていませんか?

1段の引き出しにハサミが3~4本も入っているというケースもよく見かける光景です。

また、チェストの引き出し。

古くなったハンカチ、色あせた下着や毛玉ができてしまった靴下などが収納されていませんか?

食器棚の引き出しは、賞味期限の過ぎた食品がストックされていませんか?

まずは引き出しからすべての物を出して、『必要・使っている』・『不必要・使っていない』に分けていきましょう。そして選び取った物を引き出しに戻してみて下さい。

引き出し1段だけなら、30分あればじゅうぶんに整理を進めることがでますよ。

②棚1段

例えば本棚1段、食器棚1段、冷蔵庫の棚1段など、「今日はここの棚1段だけを片付ける」といった具合に「片付ける範囲」を決めます。

一度にすべてを片付けようとすると相当な時間と労力が必要になります。

そこで30分の「スキマ時間」を利用して細かく区切って片付けてみましょう。

これなら日ごろ忙しくても、出勤前や帰宅後の30分で実行できるのではないでしょうか。

週に2回、あるいは3回など頻度を決めて、30分の「スキマ時間片付け」を習慣化することで、着実に家は片付いていきます。

最初から大きな目標を掲げるのではなく、スモールステップで確実に片付けを進めていきましょう!

負担が少なくラクにできるのが、片付けを長く続けられるコツです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ