無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たった一滴で香りの虜。カルディ「鯛だし醤油」の旨みで格上げごはん

グルメ

香り高い。カルディの「鯛だし醤油」

Photo by muccinpurin

もへじ 鯛だし醤油/388円(税込)

「カルディ」にはたったひと匙で、料理の格をワンランクもツーランクもアップさせてくれる調味料がそろいます。

特に、原料や味にこだわった国内生産の「もへじ」シリーズは、その種類の豊富さと新商品のアイデアに、いつも感服するばかり。

今回、同シリーズからご紹介するのは「鯛だし醤油」。2018年12月に発売されたばかりの新商品ですが、筆者が訪れたカルディではすでに品薄状態でした。

Photo by muccinpurin

鯛は「捨てるところがない」と言われるほど、骨やアラにまで旨みがたっぷりと詰まった魚。

醤油を作る工程で、通常はもろみを絞ったあとに「火入れ」と「濾過(ろか)」をする必要があります。鯛だし醤油は、もろみを絞った後にあえて火入れをしない生醤油(なましょうゆ)として仕上げることで、鯛の風味をしっかりと残しているんです。

それもあってか、キャップを開けた途端、フワッと魚のいい香りがしました♪

Photo by muccinpurin

醤油の味としては、甘め。甘さのあとに、しっかりとした旨みと鯛の香りを感じます。味は刺身醤油と似ていますね。塩気がまろやかで角がないので、食材の味を生かした料理に合いそうです。

お刺身につけたり、カルパッチョやドレッシングにも使えそうですね。醤油そのものが完成された味なので、次々アレンジが浮かんできます♪

簡単カルパッチョで試食してみました!

Photo by muccinpurin

カルパッチョにもよく合うとのことなので、さっそくアレンジして試食!

もちろんお刺身を使うのがベストですが、今回は手軽にカニカマで作ってみました。

Photo by muccinpurin

酢と鯛だし醤油を同量と、オリーブオイルを少量プラスしてよく混ぜます。薄くスライスしたカニカマにサッとかけると、鯛のいい香りが……♪

鯛だし醤油そのものに甘みがあるので、酢をプラスするだけでしっかりとバランスが取れた味に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ