無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ローソン]できるなら全部食べたい♡全国8エリアの「ご当地シュークリーム」が美味しそう。

グルメ

ローソンは2022年6月28日から、人気スイーツ「生カスタードシュークリーム」を全国8つのエリアのご当地食材でアレンジし、各エリアで販売します。

東京はとちおとめ苺を使用

ベースとなるシュークリームは、今年3月に発売された「生カスタードシュークリーム」です。

コクと甘み、黄色い黄身が特長の卵を使用し、SNS上で「クリームなめらか」「卵感強めでカスタードが濃厚」「お味は絶品」と大好評な商品です。

今回のエリア別フレーバーは、ご当地食材とコラボ。北海道から九州まで8種の味が誕生しました。

では北からイッキに紹介していきましょう!

・北海道エリア「あんバターの生カスタードシュークリーム(北海道産小豆使用)」

北海道産小豆で作ったこしあんとバターを合わせたあんバターはなめらかな食感が楽しめます。カスタードクリームとの相性も抜群です。価格は203円。

・東北エリア「東北米粉のもっちり皮の生カスタードシュークリーム(米パフ入り)」

シュー生地に山形県産「つや姫」の米粉を一部使用することで、もちもちとした食感が楽しめます。表面にホワイトチョコをコーティングし、中のカスタードクリームには、米パフも混ぜ込まれています。お米の風味も楽しいですよ。価格は208円。

発売は、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県です。

・関東甲信エリア「栃木とちおとめ苺の生カスタードシュークリーム」

「生カスタードシュークリーム」のカスタードクリームに、栃木県産「とちおとめ」のいちごピューレを合わせた味。シュー生地には、いちごコーティングしたクランチ、ドライストロベリーをトッピングしています。価格は215円。

発売は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、長野県。

・中部エリア「静岡クラウンメロンの生カスタードシュークリーム」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ