無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これでもう挫折しない!整理収納アドバイザーが教える「片付けを成功に導く3つのルール」

インテリア

整理収納アドバイザーのhanaです。意気込んで片付け始めたものの、途中で挫折してしまった経験はありませんか?片付けは、想像以上に気力・体力・時間が必要。そのため、闇雲に行うのではなく、成功へと導いてくれるルールを知ってから始めることが大切です。今回は、確実に片付けを成功させるための3大ルールを紹介します。

【ルール①】片付けの「目標」を決める

1つ目のルールは、片付けの「目標」を決めることです。

片付けは、気力・体力・時間が必要なため、モチベーションの維持が欠かせません。

「目標」のない片付けは、モチベーションを維持し続けることが難しく、挫折する可能性があります。

片付けを始める前に自分の「なりたい暮らし」をイメージして「片付けてどうしたいか」を決めましょう。

「目標」は、漠然としたものではなく、できるだけ具体的なモノの方が良いです。

例えば…
・すっきり片付けて、お友達や大切な人をいつでも呼べる家にしたい
・開ける度にお気に入りの服やバッグが見えて、気分が上がるクローゼットにしたい
・メイク道具を片付けてディスプレイのようにして、朝のメイクを5分短縮したい
・キッチンを片付けて、プロみたいに手際良くお料理ができるようにしたい
など。

片付けは、いかにモチベーションを維持できるかが勝負の分かれ道。

「目標」を決めて、みなさんにとって「なりたい暮らし」が明確になれば、途中で挫折する可能性はグっと減ります。

そして、「目標」に向かってコツコツ進めていくことが成功へと繋がりますよ。

【ルール②】片付ける「場所」を決める

2つ目のルールは、片付ける「場所」を決めることです。

実は、いきなり「クローゼット全体」や「キッチン全体」など、広い範囲に取り掛かるのは、かなり難易度が高いです。

そこで、最初に片付ける「場所」は、無理なく進められて、片付けたことによる効果(使い勝手向上、見た目スッキリ)を実感しやすい「よく使う小さな場所」がおすすめ。

「よく使う小さな場所」は、できるだけ毎日使う場所の方がより効果を実感できます。

例えば…
・いつも持ち歩いているお財布・ポーチ・バッグ
・文房具の引出し1段分
・メイク道具
など。

自信がついたら、洗面台や下駄箱など、あまり広すぎない場所から少しずつ片付ける範囲を広げていきましょう。

クローゼットやキッチンなど広い場所に着手する場合、「クローゼットのワンピースだけ」、「キッチンのカトラリーだけ」などカテゴリー別に分けて、少しずつ進めていく方法がおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ