無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大事な交渉前には、胸を張って両手でガッツ!? 心理学者が教える「メンタルハック」3選

ライフスタイル

悩みや心配事があると、四六時中そのことばかり考えてしまい、何も手につかなくなる。そんなネガティブな感情を吹き飛ばせるのが「メンタルハック」だと、心理学者の内藤誼人(よしひと)さん。

「嫌なことがあると自己肯定感がどんどん下がり、さらに不安が助長されます。しかし考えるのをやめることはなかなか難しい。だったらそのネガティブな感情を認めて、心理学のテクニックを使って上手に処理すればいい。ネガティブな感情が湧いてきた時は、このメンタルハックが効くと、処方箋のように覚えておけば、あれこれ悩まずに解決できるようになります」

どのメンタルハックも一流の学術雑誌に掲載されたものなので、効果てき面。今抱えているモヤモヤを吹き飛ばすだけでなく、知っておくだけでメンタルを傷つけない処世術にもなる。

自己肯定感を高める、3つの基本メンタルハック。

うまくいかないことばかりで、メンタル下降気味。自己肯定感が低くなっていると感じたら即実践! どんなお悩みにも効く万能テクで、心をスッキリ。

1 1つでいいから強みを見つける。

自己肯定感を高めて、ありのままの自分を認められるようになれば、どんな嫌なことが起きてもすぐに乗り越えられる。「そのためにまずは自分の強みや長所が何かを考えましょう。1つでもあればその強みが自信の下支えとなり、自己受容への近道になります」。英語が話せる、料理が得意、スポーツ大会の出場経験があるなど、どんな小さなことでもOK。

2 セルフトークを習慣的に行う。

ネガティブな自分が出たら、もう一人のポジティブな自分に反論させて、自信を取り戻すテクニック。「たとえば『これから大事なプレゼンだけど、うまくできないかも…』と弱気な自分に、『大丈夫でしょ、だってこんなに入念に準備してきたじゃん!!』と、友達や家族にする時のように、自分を励ましてあげるんです。習慣にすると、プラス思考が身に付きます」

3 極力早起きをして、太陽の光を浴びる。

人間は朝型と夜型に分かれ、朝型人間の方がやる気と集中力が向上しやすく、アクティブに活動できるという研究結果が。「日没後に活動の能力が高くなるというのは、夜型人間の単なる思い込み。太陽を浴びると、人間は活性化することがわかっており、うつ病治療にも『光療法』が有効であることが実証されています。意識的に生活リズムを整えましょう」

ケース別に対処する、応用メンタルハック。

日ごろ抱きがちなネガティブな感情をピックアップ! anan総研メンバーへのアンケートで挙がったリアルなお悩みを例に、心理学を用いて内藤さんがズバッと解決。

ケース1:気の使いすぎ

知り合いや、そこまで親しくない友人と会った後は、あの言い方大丈夫だったかな? なんか気を悪くしてないかな? など小さなことをいちいち気にしてしまい、疲れてしまう。

【メンタルハック】ゴムバンド法
verified by ペンシルバニア州ペンデル精神センター マックス・マステロン

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ