無料の会員登録をすると
お気に入りができます

薄眉さんも濃い眉さんも集まれ!プロが見た「タイプ別の実録NG眉メイク」6選

メイク

メイクの中で1番難しいという意見が多い眉。自分に合った眉メイクを見出せず自己流になってしまうと、残念見えなメイクになってしまうことも…。そこで今回は、プロ目線で街中などでやっている人をよく見かける眉毛のNGメイクと、その解決法をmichill編集部がご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

NG眉①全体が濃くなっている

自眉が薄いとメイクする時につい描きすぎてしまい、眉頭から眉尻までマジックペンで描いたような全体が濃い眉になっている方が多いです。

眉頭からペンシルを使ってしまうとどうしても濃くなってしまうので、眉頭はパウダーのみで仕上げるとナチュラルに見えやすくなります。

描き方にもポイントがあります!

「眉頭」から描くと濃くなりすぎてしまうので、濃くなっても大丈夫な「眉尻」から描くと失敗しづらくなります♡

そして眉頭を描くときは「眉の中間」から「眉頭」に向かってブラシを動かすとナチュラルな仕上がりになります。ぜひ意識してみてくださいね!

NG眉②眉山がなくなっている

自眉が薄いことで陥りやすいのは、眉山を見失ってしまい、上の写真のように眉山がなく「への字」のような眉になってしまうことです。

薄眉さんが意識してほしいポイントは「眉山の位置」をきちんと決めること。

「黒目の外側から目尻の間」のどこかに眉山を設定すると、顔のバランスがとても綺麗に見えます。

顔の印象を幼くかわいらしい雰囲気にしたい方は目尻の位置に、大人っぽくキレイめな雰囲気にしたい方は黒目の外側に位置するのがおすすめです。

NG眉③眉頭が離れすぎている

先程ご紹介した眉山なしメイクと同様に、よく見かけるのが眉頭が離れすぎてしまうメイクです。

眉頭が離れすぎたり、近すぎたりしてしまうと顔のバランスが崩れてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ