無料の会員登録をすると
お気に入りができます

季節の花と古道具で彩る。1DKの一人暮らしインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

33㎡の1DK。小さな空間でも、いろいろな場所でくつろげるように家具の配置を工夫し、お花とお気に入りの古道具で彩られている、一人暮らしのお部屋を拝見しました。

おいしくて手軽な《野菜をMOTTO》のスープで、おうちカフェタイム

家具配置を工夫する1DK

masuminさんがお住まいのお部屋は、33㎡の1DK。ちょっと広めの1DKの間取り、家具をうまく配置して、なるべく広く、すっきりと暮らせるように工夫されています。

縦に長い1DK。壁側に家具を配置して、ベランダまでの動線と視線を確保し、すっきりとみせています。

キッチンで過ごすのが好き、とmasuminさん。DK側にはダイニングキッチンとソファをうまく配置して、ゆったり過ごせるスペースに。

花とお気に入りの古道具で部屋を彩る

食事を取るときは、こちらのダイニングテーブルに。

コーデュロイのソファは楽天で購入。そして、お部屋のあちこちにお花が飾られているのが印象的です。「部屋に入ったときに、お花や緑があるとほっとするので、お花は欠かさないようにしています」

古道具が好きというmasuminさん。丸椅子、テレビボードなどは、それぞれ古道具屋さんで購入されてきたもの。

特にお気に入りの家具は、ご実家から持ってこられた、40年ぐらい前のものだというローテーブル。上に載せていらっしゃるかごも、いつもお母様が買い物の時に使っていた愛着のあるものなんだそう。上に置かれている小物類は、配置をいろいろ試して自分なりにすっきりと見えるようにまとめていらっしゃいます。

ナチュラルで落ち着くカラーの家具と、古道具。そして、暮らしに欠かせない植物。たくさんのお気に入りを、すっきり見えるように工夫して配置し、居心地のいい空間を作られていらっしゃるお部屋でした。

masuminさんのInstagramアカウントはこちら

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ