無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アーティフィシャルフラワーとは?美しいブーケ・アレンジメント12選

ライフスタイル

アーティフィシャルフラワーとプリザーブドフラワー、ドライフラワーとの違いをはじめ、記念日のブーケやアレンジメントにも選ばれる、人気のアーティフィシャルフラワーを使った作品をご紹介します。

アーティフィシャルフラワーとは?造花との違い

brooch_flowerstylingさんの「flower box arrangement」

flower box arrangement

アーティフィシャルフラワーとは、造花の一種。生花のようにリアルな瑞々しさを再現し、さらに生花にはない美しさがプラスされた、ワンランク上の造花です。主にポリエステルやポリエチレンでつくられており、耐久性に優れているのが特徴。水や日光もいらないのでお手入れが簡単で、半永久的に楽しむことができます。

プリザーブドフラワーとの違い

プリザーブドフラワーは、造花ではなく生花を加工してつくられたものです。生花のいちばん美しい時期に色素を抜いて、食品でも使われる自然素材と着色料の混合物で特殊加工されたものをいいます。デリケートな素材なので、高温多湿な環境や直接日光が当たる場所に置くと、色落ちしてしまうこともあります。

ドライフラワーとの違い

ドライフラワーは、自然の花や葉、果実などを乾燥させてつくられたものです。生花が持つ鮮やかさはありませんが、アンティークのような風合いや、経年変化によって色が変わっていく姿が魅力のひとつでもあります。

アーティフィシャルフラワーのアレンジ作品12選

ここからは、minneで見つけたおすすめのアーティフィシャルフラワーのアイテムをピックアップしてご紹介します。

記念日にぴったり。アーティフィシャルフラワーのブーケ

いくつになっても、贈られると嬉しいブーケ。花瓶に生けるのはもちろん、そのままカウンターや棚の上に置いても素敵ですよ。

インテリアに馴染む淡いカラー

お部屋をやさしく演出してくれるパステルカラーに心奪われるブーケ。どことなく漂うアンティーク感が素敵ですね。

作品を見る

ウェディングにもおすすめ

大ぶりなお花を大胆に組み合わせたアレンジが新鮮。くすみカラーがドレスを引き立ててくれるので、ウェディングにもぴったりです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ