無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「主婦」の経験を生かして働く。その原動力は?

ライフスタイル

家事、子育て、子どもやママ友とのイベント……。主婦業だって立派なキャリアです。「自分の経験」を仕事にした人は、無理のないペースでできることから始めていました。
▼あわせて読みたい

40代女性がこれから「起業してみたいこと」6選

目次 ★ 【パーティスタイリスト/デコレーター】吉原美也子さんの場合

★ 【パーティスタイリスト/デコレーター】吉原美也子さんの場合
★ 【産後ドゥーラ】しみずゆかりさんの場合
★ 【クックパッドアンバサダー】マユミリオンさんの場合

【パーティスタイリスト/デコレーター】吉原美也子さんの場合

◯ 吉原美也子さん(45歳)
夫、13歳、10歳男の子の4人家族。高いセンスが買われ、最近は展示会などトータルデコレートの仕事も。Instagram@parti.tokyo

<原動力は?> 子どもや周りのママ友が喜んでくれること

好きを仕事に ★★★★☆
やりがい ★★★☆☆
大切な人の喜び ★★★★☆

長男が赤ちゃんの頃、誕生日パーティをデコレーションしたことがきっかけ。子どもやママ友に喜んでもらえて、人の記憶に残る素敵な時間を作れることに魅力を感じました。
アメリカンな派手な飾りが多かった当時、フレンチシックな飾りがおしゃれに見え、ママ友と買い付けてネット販売するようになり、彼女が仕事を辞めたのを機に事業を1人で引き継ぐことになりました。販売だけでなく、デコレーションもしてほしいという個人のリクエストを受け出張サービスもしているうちに企業のパーティのデコレーションを依頼されるようになりました。
正しいマナーを学ぶためテーブルウェアスタイリストの資格を取得したところ、テーブルコーディネートの世界にもハマり、その後名誉ある賞をいただき、著名アーティストの展示会の空間デコレートも任されるまでに。自分自身も仕事を通じてスキルアップできていることが感じられて幸せです。

相手のこうしたい! を形にすること。私のデコレートで笑顔になってもらえたら幸せ。

【産後ドゥーラ】しみずゆかりさんの場合

◯ しみずゆかりさん (44歳)
子どもの小学校入学後、40代の過ごし方を考えていた時に産後ドゥーラの仕事を知り、一般社団法人ドゥーラ協会で資格取得。

<原動力は?> 自分の経験を、人の幸せのために役立てられること

人の役に立つこと ★★★★★
自分のペース ★★★★☆
やりがい ★★★★☆

息子の産後は、幸せなはずなのに育児を楽しめない自分が辛く、産後鬱のようにメンタルが落ち込んだんです。その時に母や周りが助けてくれたことが一生忘れられない経験に。自分の体験を活かして同じ立場の方の役に立ちたいと思い、産後ドゥーラを始めました。
仕事内容は、お客様のご自宅に伺い、新生児のお世話や兄弟のお相手、料理や掃除といった家事など、リクエストに応じてさまざま。「今日は家事より話を聞いてください!」というご依頼も。赤ちゃんと常に一対一だと大人とじっくり話せる機会が貴重なのか、安心して涙をこぼされるお母さんもいます。
ご自宅に伺うので気を許してくださり、対面で感謝や信頼を伝えていただけるのがとても嬉しくて。コロナ禍で里帰りができず1人で育児をする方が増えている時代、需要もやりがいもあるのでずっと続けたいと思っています。

頂いた手紙。リクエストの多い作りおき。資格取得で貰えるエプロン。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ