無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コミュ力の高い人が自然とやっている3つのこと 「聴く姿勢」が大切だった…

ライフスタイル

この3つのポイントを心がけるだけで、会話上手になれるかも?専門家にお話をうかがいました。

誰とでも上手にコミュニケーションが取れる人は、憧れますよね。

fumumu編集部では、コミュニケーション技術を高めるために意識したい3つのポイントについて、MCA達成&成功コーチング代表の福田美智江さんにお話をうかがいました。

■コミュ力を高める3つのポイント

昨今では「コミュ力」とも言われますが、コミュニケーション技術を高めるためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

福田さんによると、コミュニケーションが上手な人がやっている基礎的なポイントとして…

①聴く姿勢 ②ペースを合わせる ③表情豊か

この3点が挙げられるといいます。

■相手の話に関心を持って聴く

まず①の「聴く姿勢」について、コミュニケーションが上手な人は「相手の話を関心を持って聴いていて、タイミングよく頷きを入れたり、話の中のキーワードを返したりしています」と福田さん。「相手に気持ちよく話をさせることができる人は好かれます」といいます。

コミュニケーション術というと、「どんな話題を切り出せばいいのか…」などと考えてしまいますが、まず相手の話を聴く姿勢が大切なのですね。

■まずは相手のペースに合わせて会話を

続いて、②の「まずは相手の気持ちや話のペースに合わせて話をする」ことも重要なポイントであると、福田さんは話します。

コミュニケーションが上手な人は、相手が「ハイテンション、沈んでいるテンションとか、早口や遅くじっくり話しているとか、言葉のチョイスなどを自然に合わせている」そうで、福田さんいわく、会話の中で「相手の名前を呼ぶ」こともポイントなのだとか。

■「自分の話だけで精一杯」はNG

会話をするときの表情といえば「笑顔で明るく」とまず浮かびますが、福田さんが③で挙げている「表情豊か」というのは、単純に「常に明るい表情を心がけろ」ということではありません。

「明るい表情が基本ですが、コミュニケーションが上手な人は、話の内容によって表情を自然に変えています。逆にコミュニケーションの苦手な人は、あまり反応を示さなかったり、相手の話を聞いていなかったり、自分の話をするだけで精一杯になっています」と福田さんは指摘します。

最後に、「コミュニケーション技術を高めるためには、これらの3つのポイントを意識しながら、コミュニケーションの上手い人を良く観察するといいです」と福田さん。身近にいる会話が上手だな、と思う人がやっていることを真似るところから、意識してみても良いかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ