無料の会員登録をすると
お気に入りができます

神社へ月に一度の「月参り」へ。自分の心と向き合う時間を|小野照崎神社取材

ライフスタイル

せわしなく日々が過ぎていき、四季を感じる余裕もない…そんな方はぜひ月に一度、神社へ参拝してみてはいかがでしょうか。「月参り」を習慣にすることで得られる“いいこと”は実はたくさんあります。

ーー1日と15日に絶対ということではなくて良かったです…。でも、神社を訪れると清々しい気持ちになれるので、「月参り」を習慣にするのは素敵なことだと思います。

「神様の前で、飾らない素直な本来の自分に立ち返って、感謝をしたり、ご報告をしたり、立ち止まって振り返って省みて、お護りとお導きをいただくこと、定期的に自分を取り戻す習慣をつくることが大切なのだと思います。神社には必ず緑があり、四季があります。普段は自然を感じることができていない方も、神社に来ることでおのずと自然に触れることができます。木や花を見て、虫の声を聞いて、空を見上げて、ただある今を五感をすべて使って感じていただく…そういう時間も楽しんでほしいです」

小野照崎神社 Information

東京都台東区の入谷駅から程近い神社。御祭神は、百人一首にも撰された平安初期有数の歌人であり、漢詩は「日本の白楽天」と呼ばれ、その文才は天下無双、「その才は神に至る」と評される程の絵の大廈でもあった小野篁公(おの たかむら)。さらに、法律に明るい当代きっての学者で、参議という国の要職も務めました。

そんな多彩な才能にあやかり、学問・芸能・仕事にご利益があるとして、芸の道や仕事の成功を願う多くの人々が足を運んでいます。

最近では、ユニークな御朱印が話題に。移ろう季節や日本の文化を御朱印から感じられるようにと、月替わりの特別なあしらいの御朱印をいただくことができます。デザインがとってもかわいい!小野篁公や干支十二支をキャラクター化していたり、ラメ加工や夜光装飾がされていたりと、こだわりと遊び心がたっぷりなんです。

毎月1日には月替わりで季節の「待ち受け壁紙」を無料で配布中。詳しくは公式サイトをご確認ください。

小野照崎神社
東京都台東区下谷2丁目13-14
授与時間 9時〜16時

https://onoteru.or.jp/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ