無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[台湾現地レポ]台北で行きたい! レトロかわいい台湾のリノベスタバ4選

旅行・おでかけ

台湾では「星巴克(シンバークー)」と呼ばれ、親しまれているスターバックスコーヒー。いつもとちょっと違う体験ができるリージョナル ランドマーク ストア「特色門市(ターサーメンシー)」は特に人気です。中でも歴史ある建物をリノベーションした「舊建築門市(ジョウジェンジュウメンシー)」は、台湾らしい時間が過ごせるとっておきの場所。そんなリノベスタバから、台北にある4店舗をご紹介します。

人気観光地・大稻埕エリアにある:Starbucks保安門市

観光地として知られる大稻埕エリアにある「Starbucks保安門市(スターバックス バオアンメンシー)」は、古き良き時代を感じさせる赤レンガのバロック建築が特徴的です。
ここはパイン缶の輸出業で財を成し、パイナップル王と呼ばれた富豪・葉金塗氏のかつての邸宅。日本統治時代の1926~29年に建設され、外壁にはパイナップルのレリーフや、当時の社名である「金泰亨商行」の「泰」の字、英名のロゴ「TB」が刻まれています。

そんな歴史ある一画に立つストアとして、保安門市では地域文化を伝えるお手伝い――エリアガイドの役割も担っています。

スタバのコーヒー体験とエリア巡りを組み合わせたコミュニティガイドツアーの実施(現在はコロナ禍のため休止中。問い合わせは保安門市まで)や周辺スポットを記したマップの配布、また店内には外観をデザインした記念スタンプの設置もあり、観光客にもうれしいサービスがいっぱい! 旅の途中に立ち寄りたいストアです。

バリスタによるハンドドリップSTARBUCKS RESERVE™ Colombia Pitalito NT$180

さらに保安門市は、台湾に24店舗ある「典藏咖啡體驗(ディエンツァン カーフェー ティーイェン)」スターバックス リザーブの1つでもあります。

1階のバーカウンターに座り、厳選された稀少なコーヒー豆を選んだら、バリスタが丁寧に淹れてくれるハンドドリップコーヒーを楽しみましょう。

2、3階へ上がり、建物の歴史を感じながらいただくのもまた乙なもの。数名が集える個室風の空間もあり、ゆったりとした時間が楽しめます。そんな上階へはいったん店外へ出て(保安街側入口)、右手にある階段を利用します。ドアは手動なので、持ち運びの際には注意してくださいね。

■Starbucks保安門市(スターバックス バオアンメンシー)
住所:保安街11號
TEL:02‐2557‐8493
営業時間:7時~21時30分
定休日:無休
※特殊販売項目:スターバックスリザーブコーヒーStarbuck Reserve Coffee/ハンドドリップPour Over

いにしえお茶で今コーヒー:Starbucks重慶門市

画像提供:Starbucks Coffee Taiwan

台北駅にほど近い場所に立つのが「Starbucks重慶門市(スターバックス チョンチンメンシー)です。

ここは日本とも関係の深い場所。というのも、日本のお茶屋さん「祇園辻利」の前身である「辻利茶舗」の3代目が1899年台湾に渡り、茶葉販売店を営んでいた建物なのです。

時を越え、時代が変わった今、お茶からコーヒーへと姿こそ変わりましたが、人々ののどを潤す立ち位置と当時の外観はほぼそのまま。時代を感じるリノベスタバとして、多くの人に親しまれています。

そしてここ重慶門市は、文化と芸術をテーマにした台湾で最初のスタバでもあります。1階こそ普通のスタバと変わりありませんが、2階、3階へと上がるほどに重厚な趣きが。広々とした空間と高い天井、さらに大きな窓があり、古き建造物の風格と開放感が味わえます。

座席の種類もさまざま。カウンターやソファ、ハイチェア……さらに窓の外を眺めることのできるテーブルや建物の死角に作られた個室風のスペースなど、お好みの場所、お好みのスタイルでくつろげるのもポイントです。早朝や夜間は比較的空いているので静かに過ごせるはず。お気に入りのスタバドリンクを手にのんびりしませんか?

■Starbucks重慶門市(スターバックス チョンチンメンシー)
住所:重慶南路一段104號
TEL:02‐2371‐3336
営業時間:日~木曜 7~21時(金・土曜 ~22時)
定休日:無休

レンガ×木造のやすらぎあふれる:Starbucks漢中門市

若者でにぎわう西門町の中心にあるのが、クラシカルなレンガ造りの「Starbucks漢中門市(スターバックス ハンヂョンメンシー)」です。赤レンガの外観に対し、内部は木造。そのせいか上階へ足を踏み入れると、木のぬくもり感じる空間に心が落ち着きます。使われている木材は心なしか赤みを帯びているのも、台湾らしさを意識したカラーリングのようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ