無料の会員登録をすると
お気に入りができます

扉を開けたくなるカード vol.1 「makeraftさん」

インテリア

海外の風刺画のようにも見える、不思議でキュートなデザイン。コレクションの中でも、独特の存在感を放っていたこのカードについて、作り手のmakeraftさんにお話を伺いました。

makeraft

帆布や革を使ったバッグ、ケースを中心に制作されている、布物作家さん。

https://minne.com/@makeraft

7年ほどのお付き合い

このショップカードは、いつ頃から使われているものですか?

makeraftさん: 2013年ごろだったと思います。ちょうどminneさんのイベントに出展することが決まったとき、作家活動をはじめて間もないわたしにはショップカードがなく、急いで制作したことをおぼえています。

テーマはレトロフューチャー

とてもおもしろいデザインですよね。懐かしいような。新しいような。

makeraftさん: すこし捻ったものがいいと思ったんです。夫に相談したところ、夫は当時まさに「レトロフューチャー(懐古趣味的な未来像)」にハマっていて、それに関する図案をさがして、つくってくれました。海外の古いイラストレーションで、著作権の問題なく使用できるものをベースにしています。

この2人はなにをしているんでしょう?

makeraftさん: おそらく「透視」です。ですが、覗き込んでいる筒の中には鏡が仕掛けられていて、テーブルの下にも筒が続き、4枚の鏡の反射で、本で仕切られているはずの向こう側の花が男の子にも見えているんだと思います。仕掛けが見えているところがおもしろいですよね。7年間見ていても、未だに「不思議な絵だなあ」なんて思います。男の子が仕掛けているのか、女の子が仕掛けているのか…見るひとによって、いろんな想像をしていただけると思います。

「手元に置いておきたい」カード

名刺交換などをされる際に、なにか言われたことはありますか?

makeraftさん: イベントでもショップカードを置くようにしていますが、「かわいいですね」「持ち帰ってもいいですか」とよく言っていただきます。お客さまがSNSにアップしてくれたこともありました。「おもしろいから取っておこう」と思ってもらえるものにしたかったので、それはすごくうれしいですね。紙質にこだわった甲斐がありました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ