無料の会員登録をすると
お気に入りができます

木村カエラさん「疲れているときは何もしなくていい!心と体に無理はさせないで」

エンタメ

生活リズムも価値観も自分優先でなくなったけれど、 本当は誰にでもあるずっと変わらず好きなことをインタビューする連載「オトナになっても好きなこと」。今回は木村カエラさんにお話を伺いました。2022年12月に新アルバム『MAGNETIC』を発売した木村さん。Web版では、子育てと曲作りの両立、について語っていただきました。

「オトナになっても好きなこと」
成田悠輔さん「セックスと愛情と親心をぜんぶ家族の中に収めるのは荷が重すぎませんか」

歌詞を書くのは子どもが寝てからだけど、日々のインプットは家事の合間に

——本誌では、ビーズ製作など趣味のモノづくりについてお話を伺いました。やはりクリエイティブな作業がお好きなのですね。

小さいときから夢はずっと「歌手になること」だったのですが、紙粘土でも洋服でも、とにかくモノを作ることも大好きでした。製作過程そのものが好きで、万が一、歌手になれなかったらモノづくりの道に進もうとも考えていました。私にとっては、黙々と何かに打ち込む時間が大切で、友達や仲間とわいわいするのもいいのですが、基本的には一人の時間が好きですね。こういう細かい作業が必要なモノを、時間をかけて作り始めると止まらなくなってしまうんです。

——曲作りも没頭して一気に作り上げるように進めるのですか?

曲作りはどちらかというと、宿題のような感じです(笑)。歌詞を書いて歌う、ということ自体は好きなので決してやりたくないという意味ではないのですが、答えがないから難しい。趣味の製作物は、完成形がある程度は頭に浮かんでいるので、生みの苦しみというよりは、むしろ楽しくて。例えば「毛糸は赤があるな」というように素材も色も目の前にあるものではっきりしているのですが、歌詞は「テーマ」という素材から考えないといけないんですよね。

——曲を生み出すというアウトプットの前にインプットも必要かと思うのですが、どういったものから着想を得ているのですか?

家事をしながら、携帯を片手に映画やドキュメンタリーなど映像作品をかたっぱしから観ていきます。取り込んだ洗濯物をたたみながら観て、終わったら次は洗い物をしながら……というふうに。何かを観てその場ですぐそれを変換することはできないのですが、インプットが溜まってどこかで自分の言葉に変わっていく瞬間があるんです。結構時間がかかるのですが。

——子育てをしながらの仕事は時間との勝負ですよね。お子さんといるときに歌詞を考えることはありますか?

子どものいる前では歌詞は書かないです。子どもと一緒だと仕事が思うように進まないのは、みんな当たり前なのかもしれないですけどね。寝た後や学校に行っている間などに書いています。

完璧じゃないことが美しい

——今回の『MAGNETIC』というアルバムはどのようなコンセプトで歌詞を考えられたのでしょう?

「近くにあるものが大切で、今が幸せ。じゃあそれでいいじゃん」っていうすごくシンプルな考えに行き着きました。私自身、いろいろ問題はあったとしてもシンプルな考え方をするのが好きなんです。当たり前にあるモノ、近くにあるモノの大切さって、近くに来れば来るほど分からなくなってしまいますよね。歌詞を書くことでそれを再確認する、という作業をずっとしている感覚ですね。笑いたいときは笑って、泣きたいときは泣いてスッキリすればいい。

軽い言い方に聞こえるかもしれませんが、結局は自分にとって何が幸せなのかを考えることが一番重要だと思うんです。そこさえ見えていれば、他人のことなんてあまり気にならなくなる。生きていればどうしても人に心を揺るがされることもありますし、比べてしまうこともある。でも、自分にとって必要・不必要が分かってさえいれば周りの言動にいちいち反応しなくて済む。

——全方位で他者からの評価に振り回されがちですが、意識を自分に向けるという作業は今こそ大切かもしれないですね。

今回一番こだわったのは、「未完成であることは美しい」というメッセージです。完璧を求められがちだし、自分でも追い求めてしまいがちですが、実際には完璧な人ってあんまり魅力を感じないというか。「完璧じゃないということが美しい」。それって人間にとって大切なことで、例えば私が曲を作ったり、何かを作り上げたりするときにもすごく重要なことだと感じます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ