無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上品なデザインや香りに惹かれる♡春のインテリアにもおすすめのキャンドル

ライフスタイル

眺めていると、心がすーっと和んでいく。そんなやさしい雰囲気のろうそくを作っている「ho to ri – ya(ほとり屋)」。植物で色づけしたものや、精油でほのかな香りを楽しめるものなど、自然の恵みを大切にしたろうそくは、あなたの暮らしをふわりと穏やかに照らしてくれます。

植物の色や香りをまとった手作りのろうそく

「ho to ri - ya(ほとり屋)」という作家名でろうそくを制作している、アロマテラピーインストラクターの水沼由実さん。必要としてくれる方の暮らしのほとりで、ささやかな役割を果たせるように。そんな思いでろうそくを一つひとつ手作りしています。

長野の自然あふれる場所で生まれ育った水沼さんは、幼い頃から植物に慣れ親しんできました。実は病を抱えて悩んでいた時期もありましたが、植物由来のアロマテラピーが大きな支えになったそう。
また同じころ、贈り物でいただいたろうそくをお風呂で灯してみると、気持ちがゆっくりと穏やかになっていくのを感じたと言います。その経験から、アロマテラピーにも使われる蜜蝋で、自らろうそくを作り始めました。
今では植物染料で着色したオリジナルのろうそくや、ソフトな香りのアロマキャンドルなどを制作。どれも、手にすれば心がほっと温まるような、やさしい表情のものばかりです。

小鳥のさえずりが聞こえてきそう

思わず頭を撫でたり、手のひらに乗せてみたくなりそうな「小鳥のろうそく」。翼の部分に浮かび上がるお花の模様がとても繊細です。白い小鳥と、植物の藍を使って色づけされた青い小鳥の2タイプがあり、何羽か並べると仲良く遊んでいるかのよう。今にもさえずりが聞こえてきそうな、愛らしいろうそくです。

絵本の中に入りこんだかのよう

「みずうみ」は、藍やローズマリーで着色した蝋の小さなかけらを集めて作られたもの。それぞれの面に白鳥や月などが描かれていて、絵本を眺めているような気分に。湖のほとりのひんやりと澄み切った空気を思わせるろうそくは、目にするたびに静かな気持ちになれそうです。

季節に合ったモチーフを水に浮かべて

水に浮かべて火を灯す小さなろうそくのシリーズ「tayutau rousoku」。冬は藍で色づけした雪の結晶、春には茜などで着色した梅や桜など、季節に合わせて形を変えて作られています。精油のかすかな香りが感じられるものも。手のひらに乗る小さなサイズとかわいらしい形は、季節が変わるごとに新たな種類をお部屋に迎えたくなります。

月や雨などをイメージしたアロマキャンドル

自然な香りを楽しめるアロマキャンドルもあります。
精油を6~8種類ブレンドし、大豆由来のワックスや蜜蝋と合わせた「香りの小瓶」です。定番の3種類は、それぞれ月・雨・光をイメージして調香したもの。例えば月のイメージの「lune」は、レモンマートルを中心とした爽やかな香りが漂います。ほかにも、12星座にまつわる植物の香りを表現したシリーズも作られているそう。
黒い蓋のシンプルな瓶に入っていて、どんなインテリアにも合うので、贈り物としてもおすすめですよ。

工房兼ギャラリースペースでろうそくを手にしよう

ho to ri - yaは、東京の学芸大学に工房兼ギャラリー「cociel coba (コシェル コーバ)」を構えています。靴職人さんと共同のスペースですが、現在はho to ri - yaのアトリエショップとして開店しているそうで、今回ご紹介したろうそくも購入することができます。また、オンラインショップでもいくつかのろうそくが注文可能です。
ギャラリーではときにクラフト展やワークショップも開催。直近では3月21日(木・祝)~31日(日)まで、木工作家のサンガキヌヨさんとの二人展「はじまりのリズム」を予定しているそう。サンガキヌヨさんが作る振り子時計と、ho to ri - yaの春をイメージしたろうそくを楽しむことができます。気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ