無料の会員登録をすると
お気に入りができます

次にくるのは“夜パフェ会”!?お酒とともに楽しめるホテルのシメパフェ3選

グルメ

お酒を飲んだ後に、シメの「ラーメン」ならぬ、シメの「パフェ」を楽しむ女子が増加中!「シメパフェ」や「夜パフェ」といわれるこのスタイルは、もともとはソフトクリームが美味しい札幌で始まったもの。最近は、東京近郊でも楽しめるお店が増えてきました。なかでも今回は、お酒も一緒に楽しめる、ホテルの夜パフェをピックアップ!週末や休日の華やかな女子会にぴったりですよ♪

女子の“大好き”がつまったフルーツたっぷりパフェ♪/京王プラザホテル「樹林」

新宿駅西口から徒歩5分ほど。高層ビル群の夜景が美しい西新宿に位置する京王プラザホテル内のオールデイダイニング「樹林(じゅりん)」。こちらでは、街の喧騒から離れた落ち着いた空間で夜パフェを味わうことができます。

樹林自慢の一品は、濃厚なチョコレートクリームとイチゴのソース、ジューシーなフルーツにひんやりアイス、そしてマカロンと、女子が好きなものばかりがギュギュッとつまったパフェ「クープ“JURIN”」(税・サ込1,550 円)です。

クープとは、アイスクリームやシャーベットを果物、リキュール、泡立てたクリームなどで飾ったデザートを指すフランス語だそう。

また、一緒にオーダーしたいのが、季節ごとに変わるシーズンカクテル。この時期は、イチゴをテーマにした、見た目もかわいらしい3種類のカクテルを楽しめます♪

「レオナルド」(写真左、税・サ込1,200円)は、ストロベリーシロップとシャンパンが軽くステアされた、華やかでフルーティなカクテル。さっぱりとした飲み口で、甘いパフェとの相性もバツグンです。

「ストロベリーミルク」(写真中央、税・サ込950円)と「ストロベリーモヒート」(写真右、税・サ込950円)は、お酒の苦手な方も楽しめるノンアルコールカクテル。友達とは違うものを頼んで、飲み比べてみるのも楽しそう。3種類とも2019年2月28日までの限定販売なので、イチゴ好きな方は急いでくださいね。

店内は広々。通りに面した大きな窓からは、「みどりの新宿30選」にも選ばれている深谷光軌氏の庭園を眺めることもできます。夜はライトアップされて美しさが倍増するので、こちらもお見逃しなく!

オールデイダイニング「樹林」

住所:東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル2F
電話番号:03-3344-0111(代表)
営業時間:5:00~24:00(L.O.23:30) ※パフェの提供は11:00〜L.O.22:00
定休日:無休
最寄駅:新宿、都庁前

ラグジュアリーな空間で味わう、イチゴベースの乙女パフェ/シャングリ・ラ ホテル 東京「ザ・ロビーラウンジ」

東京駅の目の前に位置する5つ星ホテル「シャングリ・ラ ホテル 東京」。2009年にオープンし、今年で10周年を迎えるこちらのホテルのコンセプトは、中国の奥地にある伝説の地「シャングリ・ラ(桃源郷)」。その名のとおり、日常から解き放たれた贅沢なひとときを味わえる空間です。

アジアの優雅なリゾートを彷彿させる28階の「ザ・ロビーラウンジ」で楽しめるのが、フレッシュなイチゴをふんだんに使った「ストロベリーパフェ」(税・サ込2,484円)。2019年3月31日までの期間限定メニューです。

ナチュラルピンクのルビーチョコレートのクリームに、ガトーショコラ、生チョコレートなどが重ねられた、ビジュアルも美しい一品。思わず、カメラを向けてしまいます。唇の形のレモンガナッシュのボンボンや、チョコレートで作られたフォトプロップスなどのデコレーションも、女子心をくすぐります♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ