無料の会員登録をすると
お気に入りができます

次にくるのは“夜パフェ会”!?お酒とともに楽しめるホテルのシメパフェ3選

グルメ

お酒を飲んだ後に、シメの「ラーメン」ならぬ、シメの「パフェ」を楽しむ女子が増加中!「シメパフェ」や「夜パフェ」といわれるこのスタイルは、もともとはソフトクリームが美味しい札幌で始まったもの。最近は、東京近郊でも楽しめるお店が増えてきました。なかでも今回は、お酒も一緒に楽しめる、ホテルの夜パフェをピックアップ!週末や休日の華やかな女子会にぴったりですよ♪

口に含むと、イチゴとチョコのマリアージュ、そしてバラの香りが芳しいローズアイスクリームとトッピングが絡み合った絶妙なフレーバーに、頬がゆるむこと間違いなし!

春限定の色鮮やかなカクテルも気になります!2019年3月1日~4月30日は「桜の舞(写真左)」、「ソルティー ブロッサム(写真右)」(税・サ込各2,732円)の2種類が登場!

コットンキャンディーとロゼシャンパンを使った「桜の舞」に、梅酒を使ったソルティードッグ風のカクテルに桜の枝と葉が添えられた「ソルティー ブロッサム」。味わいも見た目も、遊び心満点です♪

定番のカクテルにも注目。フランス語で「開花」を意味する「floraison(フロレゾン)」と、英語で「配給する」を意味する「ration(ラション)」を由来とする「フローレーション(税・サ込2,732円)」は、「すべての人に幸せをおすそ分けする」という、ステキな意味のあるカクテルです。

こちらは、シュガーポットに入ったドライアイスに、ホテルオリジナルの香り「シャングリ・ラ エッセンス」を数滴垂らし、香りのハーモニーを楽しみながらカクテルをいただきます。なんともおしゃれ!

バータイムは、ピアノによるライブミュージックの演奏が響きわたり、雰囲気たっぷり。ゆったりと大人の時間を過ごすことができます。

シャングリ・ラ ホテル 東京には50以上ものシャンデリアが設置されており、バーカウンターの上にあるシャンデリアもその一つ。東京へのオマージュとして、都の木であるイチョウの葉のモチーフが890個も飾られているんです。美しい夜景とともに、ぜひ注目してみてくださいね。

バー&ラウンジ「ザ・ロビーラウンジ」

住所:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 28F
電話番号:03-6739-7877
営業時間:日〜木曜10:00~24:00、金・土・祝前日10:00~25:00 ※パフェの提供は12:00~L.O.23:00
定休日:無休
最寄駅:東京

中華街で飲んだ後のシメに最高!ドラゴンの巨大チョコレートがのった名物パフェ/ローズホテル横浜「ブラスリー ミリーラ・フォーレ」

横浜中華街でのディナーの後に立ち寄りたいのが、朝陽門のすぐそばにある「ローズホテル横浜」内のカジュアルフレンチレストラン「ブラスリー ミリーラ・フォーレ」。

みなとみらいや山下公園からも歩いて5分ほどという好立地なので、横浜で女子同士でたっぷりと遊んだ帰りに立ち寄るのもオススメです。

こちらで楽しめるのは、オリジナルの「ドラゴンパフェ」(税・サ込1,209円)。なんといっても注目すべきは、パフェの上にそびえ立つチョコレート製のドラゴン。パフェの高さは、なんと約40センチ!パリパリとした食感のチョコレートとともに、ライチ、マンゴーのシャーベットとバニラアイス、そして季節のフルーツを楽しめる、目にも楽しいパフェです♪

パフェとともに楽しみたいカクテルが、中華街にちなんだ「チャイナブルー」(税・サ込1,058円)。見た目も美しいブルーキュラソーから香るのは、高貴なライチとほろ苦いグレープフルーツの香り。美味しい中華料理をたっぷり堪能した後の口直しとしてもピッタリですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ