無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思わず「がっかり」してしまう世界遺産&観光名所

旅行・おでかけ

「世界3大がっかり」ってなんだ?

シンガポールのマーライオン・パーク周辺の絶景。中央奥の建物が屋上プールで有名なマリーナ・ベイ・サンズ。毎晩行われている光と水のシンフォニー「スペクトラ」も見ものだ

楽しみにしていた海外旅行。ところが行ってみたらがっかりだった! ……そんなことにならないように、事前にがっかり具合を知っておこう。今回は「世界3大がっかり」から「世界がっかりランキング」「がっかり世界遺産」まで、世界のがっかり名所を紹介する。

世界がっかりランキング
がっかり世界遺産

まずは「世界3大がっかり」を紹介しよう。日本で広く知られている3大スポットだ。ちなみに、いずれも世界遺産ではない。

ライオンの頭と魚の身体を持つマーライオン。付近にはもう1体、全長2mのミニ・マーライオンが潜んでいる

■シンガポールのマーライオン(シンガポール)
世界3大がっかりの筆頭といわれた高さ8.6mのマーライオン。実はこれ、移転されるまで橋の横にあって景色も悪く、故障で口から水も出していなかった。

ところが風水で占った結果、2002年に現在のマーライオン・パークに移転。周辺の開発が進み、2010年にマリーナ・ベイ・サンズがオープンすると、一気に東南アジア屈指の夜景スポットに変貌を遂げた。悪評も過去の話。周囲の景観も含めれば、最近の評判はそれほど悪いものではない。

実はシンガポールには7体のマーライオンがある。もっとも大きいのは高さ37mのセントーサ島マーライオン・タワーで、口の中や頭の上からマラッカ海峡を望むことができる。

衣装に身を包んだ小便小僧、ジュリアン坊

■ブリュッセルの小便小僧(ベルギー)
身長56cmと小さく、噴水場自体もたいしたものではない。正直、東京の浜松町や名古屋の栄区にある小便小僧とあまり変わらない。

ただ、イベントがあるたびにさまざまな衣装に着替えたり、水ではなくてビールを出すこともあるというから侮れない。すぐ近くにある世界遺産「ブリュッセルのグランプラス」の市立博物館には900着以上の小便小僧の衣装が保管されている。世界遺産と合わせて楽しめば、それほどがっかりもしないはず。

実は近くに小便少女なる像がある。こちらこそ、いろんな意味でがっかりすること間違いなし!

人魚姫像。夜景をバックに、下からあおるように撮影すると悪くない

■コペンハーゲンの人魚姫像(デンマーク)
アンデルセンの童話『人魚姫』をモチーフとした高さ1m25cmの像。小さいうえに背景は工場、にもかかわらず観光客でごった返している。特に観光船から見ると、小さくて何がなんだかよくわからないうえに、背景は観光客だ。

すぐ側まで近づけるので写真は撮りやすいが、その分、落書きされたり色を塗られたり、首や腕を切断されるといった残念な被害にもよくあっている。海岸沿いの散歩道とパステルカラーの家並みは美しいので、そちらをメインに楽しもう。

3つの世界がっかりランキング

ギザのピラミッド。ピラミッド自体の評価は低くはないが、周辺が普通の街で、客引きが非常にしつこいことで知られている

海外ではどんな場所ががっかりされているのだろう? 海外で選出された "disappointing(残念)" あるいは "overrated(過大評価)" な名所のランキングを3つ紹介しよう。括弧内は国名・都市名、世界遺産名。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ