無料の会員登録をすると
お気に入りができます

企画展「マンモス展」開催!イメージキャラクターはマツコ・デラックス

2019年6月7日(金)~11月4日(月・祝)まで、東京・青海にある日本科学未来館にて、貴重なマンモスの冷凍標本の展示や、最先端生命科学による“マンモス復活プロジェクト”を紹介する世界規模の企画展「マンモス展」が開催されます。イメージキャラクターはマツコ・デラックスさん。展覧会の見どころや魅力をご紹介します。

旅行・おでかけ

2019年6月7日(金)より、東京・青海にある日本科学未来館にて開催される企画展「マンモス展」のイメージキャラクターにマツコ・デラックスさんが起用されることが決定しました。

東京

今回は世界規模の展覧会「マンモス展」の魅力や見どころをご紹介。マツコ・デラックスさんがデザインされたイメージビジュアルと一緒にぜひチェックしてみてくださいね。

「マンモス展」について

マンモスをはじめとした、古代の動物たちの冷凍標本を世界規模で展示する企画展です。2005年「愛・地球博」で話題となったユカギルマンモスの冷凍標本や、近年、ロシア連邦サハ共和国で発掘された世界初公開の冷凍標本が展示されます。

また、最先端生命科学による“マンモス復活プロジェクト”も同時紹介。過去・現在・未来の角度からマンモスについて迫ります。

イメージキャラクターにマツコ・デラックスの起用が決定

マンモスの冷凍標本を展示するだけでなく、マンモス復活プロジェクトを含め、最先端生命科学にも焦点を当てた前例のない大きなスケールで開催される今回の企画展。

さまざまなカテゴライズを超えて活躍し、誰もが知っているマツコ・デラックスさんの圧倒的な存在感が、世界規模の展示のコンセプトにふさわしい、とイメージキャラクターに起用されました。

ストーリーが浮かび上がる2つのイメージビジュアル完成

マンモスバーションと、マツコ・デラックスさんがマンモスになったバージョンの2つのイメージビジュアルが完成。並べて見ると、マツコ・デラックスさんがいつか蘇ろうとしているマンモスに時空を越えて語りかけるストーリーが浮かび上がってくるようです。

「マンモス展」の見どころ

再び来日!700万人が熱狂した「ユカギルマンモス(冷凍標本)」

2005年に開催された「愛・地球博」で展示され、約700万人がその姿に圧倒された「ユカギルマンモス」の頭部冷凍標本が、14年ぶりに再び日本を訪れます。

世界初公開「ケナガマンモスの鼻(冷凍標本)」

今回、注目なのが世界初公開となる「ケナガマンモスの鼻」の冷凍標本。2013年に発掘された「ケナガマンモスの鼻」は、これまで考えられていたマンモスの鼻の形を覆す発見となった貴重なもの。想像との違いを確かめてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ