無料の会員登録をすると
お気に入りができます

平日25時までオープンも!深夜営業の銀座のケーキ店へ、夜のお散歩♪

頑張って働いた日、ご褒美にとっておきのスイーツを食べたい!という夜。普段なら手軽なコンビニの商品を手にしてしまうところですが、たまには気分転換に華やかな夜の銀座を散歩しつつ、パティシエの作る本格的なケーキで「夜のおやつタイム」を楽しんでみてはいかが?残業終わりの遅めの時間帯でもケーキのお持ち帰りができる、銀座の洋菓子店をご紹介します。

グルメ

銀座の空気を感じながら、夜の一人散歩&ケーキショップめぐり♪

ケーキを目指しつつも、今回の目的は“夜の銀ぶら”。銀座駅に降り立ったら、まずは銀座のランドマーク「和光」の時計塔がある、銀座四丁目の交差点を目指しましょう。ここへ来ると、おしゃれな銀座の街のど真ん中に立った気分になれて、夜散歩のテンションがアップしますよ!

信号待ちの間に出合うブランドの宣伝カーすら銀座っぽく、思わずスマホを向けてしまいます。

1軒目に目指すケーキ店は、「リーフパイ」で知られる「銀座ウエスト 本店」。和光を背にして、数寄屋橋の交差点まで歩きます。すると、「GUCCI」を過ぎた辺りに、小さなキューピッド像を発見!

こちらは、時計・宝飾ショップ「銀座天賞堂」がリニューアルした際に作られたものだそう。意中の彼がいるという方は、ぜひ恋の成就を願ってみてくださいね♡

「東急プラザ」を目指して、数寄屋橋の交差点を渡ります。もともとソニービルがあった「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」には、取材時には移動式の本屋さんがありました。リッチな「HERMES」のビルを背にしてこの風景が楽しめるのも、夜の銀座ならではです。

【平日23時まで営業】職人の手作業で仕上げられる、本格派のお手頃スイーツ/銀座ウエスト 本店

外堀通りを新橋方面に歩くこと5分ほど。銀座西六丁目の信号を渡った先にある「銀座ウエスト 本店」にやって来ました。

こちらのケーキは、1947年の創業以来、材料本来の風味を生かすように、人工の香料や色素等をできる限り使用せず、一つひとつ職人の手作業によって作られています。

味はもちろん、断面の美しさを狙うなら「モザイクケーキ」(411円)がオススメ。こちらはウエスト創業当初より愛され続けている定番ケーキの一つ。

ココアスポンジとバタースポンジをモザイク状に組み合わせてバタークリームでサンドしたものをチョコレートでコーティング。濃厚な味わいが、仕事終わりの疲れた体に染み渡ります。

「サバラン」(454円)は、一口ほお張ると、ふわっとどこか懐かしさを感じる味わい。ブランデーがほんのりと効いた甘さ控えめのケーキで、夜スイーツにはもってこいです。

売店の隣には、喫茶室も併設されています。ゆったり落ち着いた雰囲気の店内でケーキとお茶を味わうのを、夜散歩の楽しみの候補に入れてみるのもいいかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ