無料の会員登録をすると
お気に入りができます

平日25時までオープンも!深夜営業の銀座のケーキ店へ、夜のお散歩♪

頑張って働いた日、ご褒美にとっておきのスイーツを食べたい!という夜。普段なら手軽なコンビニの商品を手にしてしまうところですが、たまには気分転換に華やかな夜の銀座を散歩しつつ、パティシエの作る本格的なケーキで「夜のおやつタイム」を楽しんでみてはいかが?残業終わりの遅めの時間帯でもケーキのお持ち帰りができる、銀座の洋菓子店をご紹介します。

グルメ
銀座ウエスト 本店

住所:東京都中央区銀座7-3-6
電話番号:03-3571-1554
営業時間:月〜金/9:00〜23:00(喫茶室は22:00まで)、土・日・祝/11:00〜20:00(喫茶室も20:00まで)
定休日:無休
最寄駅:銀座

【平日25時まで営業】常に新しいテイストを取り入れた斬新スイーツに胸キュン♡/GINZA MARQUISE銀座本店

銀座ウエストから外堀通りをさらに新橋方面へと進みます。次の信号で横断歩道を渡るときに右方向を見ると、遠くに輝く「東京タワー」が!ライトアップされたタワーの色合いが美しいですね♪

「ホテル ザ セレスティン銀座」のあるもう一つ先の信号を渡ると、2軒目に目指すケーキ店「GINZA MARQUISE(ギンザ マルキーズ)銀座本店」が見えてきました。黒のシェードがシックな印象です。

マルキーズのスイーツには、伝統と流行、どちらにも敏感でありたいというパティシエたちの想いが込められています。どれも洗練されたビジュアルの高感度なものばかり!

まずチェックしたいのが、同店のアイコンである“赤のハイヒール”がデザインされたチョコレート「プティ ソーシェール」(3,500円)。

なんと、ハイヒール部分もすべてチョコレートという胸キュンな逸品♡ヒールの中身には唇の形のボンボンショコラ、ドライフルーツやナッツ等がデコレーションされています。もちろん、全部食べることができます!

こちらは、ホールケーキの「コケット」(6,800円)。女の子はチョコレート製で、ピンク色のドレスはイチゴ風味のクリーム。ベースはイチゴのショートケーキですが、お好みで変更も可能だそう。

特別よく頑張った日や記念日は、こんなスペシャルなチョコレートやケーキで自分を祝福してみるのもアリですね。ただし、いずれも購入する際は2日前までに予約が必要なので、ご注意くださいね。

カットケーキは550円~、焼き菓子は200円~と、食べきりサイズの洋菓子も豊富なマルキーズ。平日は深夜1時まで営業しているので、遅い夕食を済ませた後に立ち寄っても十分間に合いますよ。

GINZA MARQUISE銀座本店

住所:東京都中央区銀座8-4-21 保坂ビル1F
電話番号:03-5537-2522
営業時間:月〜金14:00〜25:00、土14:00〜21:00
定休日:日・祝
最寄駅:新橋

【平日23時まで営業】夜の銀座に溶け込む、昔ながらのほっとするケーキ屋さん/銀座近江屋洋菓子店 銀座本店

マルキーズ近くの「ソニー通り」は、クラブが立ち並ぶ、いかにも銀座らしい風景。女性一人で安心して夜の散歩を楽しめるのも、銀座ならではの魅力ですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ