無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3世代で家をシェアする穏やかな時を刻む思い出の地に開いた珈琲屋

インテリア

構想5年、祖父母が長年洋食屋を営んでいた地に念願のカフェをオープンした直井雄太さん。2、3階を住居とし、3世代4人での暮らしが始まった。

構想5年。念願のカフェをオープン
再開発が進む京王線調布駅から徒歩5分。拡張工事中の道路沿いを歩いていると、ウエスタンレッドシダーの壁に施された、ぷっくりとした「!」マークに目が留まる。目立った看板はないものの、丸太の椅子が置かれ、植栽で彩られたエントランスは、一般の住宅とは一線を画しており、「何屋さんかな?」と足を止める人も多い。
ここは、直井雄太さんが昨年春に開いたカフェ「いづみ」。かつて、直井さんの祖父母が40年以上も洋食屋を営み、暮らしていた場所である。祖父が他界し、祖母の惠子(しげこ)さんが一人で住んでいたが、建て替えを機に1階をカフェ、2、3階を住居とし、3世代4人での暮らしが始まった。
「祖父母の店で祖父のハンバーグなどよく食べていました。料理をしている、“かっこいいおじいちゃん”の姿が目に焼き付いています」。祖父の影響もあり、料理が好きになったという直井さん。調理師学校に進み、その後代官山のカフェで珈琲について学んだという。「祖父母の店があったこの場所だからこそカフェを開きたいと思ったんです。思い出の場所で、祖父母の思いを引継ぎ、地域に密着したお店を持ちたいと。店名も、当時と同じ『いづみ』にしました。いつも祖父が見守ってくれているように感じます」。

目立った看板はなく、OPEN、CLOSEの札のみ。大きなドアから「何屋かな?」とのぞく人も多い。

切妻屋根と四角い木製窓がかわいらしい外観。入口の左側に丸太の椅子があり、ウェイティングスペースになっている。

「いづみ(IDUMI)」の“i”や滴を連想させる店のマークは、グラフィックデザイナーが作製した数案の中から、祖母の惠子さんが最終決定したそう。

シェアハウスのような造り
現在は、主に、2階が直井さんと惠子さん、3階が直井さんのご両親の生活スペースになっている。
2階のリビング・ダイニングは家族の共有スペース。作業台を広くとった大きなアイランドキッチンでは、直井さんをはじめ惠子さん、働いている母、ときには父も、そのときどきでできる人が料理を作る。夕食時にはダイニングに家族が集い、カフェでの出来事など何気ない話題で会話が弾むという。
床はオークのフローリングを斜めに敷き詰め、天井には杉の足場板を使用。自然素材が心地よい空間には、ハンス・J・ウェグナーやボーエ・モーエンセンの名作椅子たちがさりげなく置かれている。家族の時間を大切にしている直井さんは、家族が集う2階のスペースには経年変化が楽しめる素材や家具にこだわったという。北欧家具の専門店「グリニッチ」オリジナルの一人掛けソファに座る惠子さん。「座り心地がとてもいいです。ここは、木のぬくもりが感じられ、広々としていて落ち着きますね」と、最も2階で過ごすことが多い惠子さんの笑顔から、その快適さがうかがえる。
2階でもうひとつ目を引くのが、オブジェのように置かれたバスタブ。思い切って扉や間仕切りを設けず、“見せるバスルーム”という大胆な発想である。
「常にオープンになっているため、通気性もよくカビも生えません。簡単に拭くだけでよいので、掃除もラクですよ」と直井さん。シンプルな空間のアクセントにもなっている。

「料理しながら2階全体を見渡せる、この場所が好き」という直井さん。大きなアイランドキッチンは、将来、料理教室を開くことも視野に入れている。

光がたっぷり入る2階のリビング・ダイニング。さりげなく置かれたバスタブがインテリアの一部になっている。

直井さん憧れの北欧の椅子たちに「IKEA」のダイニングテーブルをセット。

ダイニング側の引き出しには、衣類や生活雑貨が収納されている。

2階にある直井さんの寝室。ベッドと棚を設えただけのシンプルな個室がほかに4つある。

約30畳の広々とした空間。惠子さんが座っている椅子が「グリニッチ」のオリジナルソファ。テレビの下の棚は、この家の設計を手掛けた「TENHACHI」の製作。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ