無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「もう彼はできないかも」と思ってない? 別れを前向きに決断できる思考法 #14

恋愛・結婚

彼氏と別れようかなと思っても、なかなかすぐに決断ができないものです。その迷いの原因は、実は人間の本能だったりもします。明るい別れを決める一歩には、心の仕組みを知ることが有効です。

文・おおしまりえ

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 14

別れたいのに決断できない! その心にあるもの

「彼氏と別れようかな」そんな悩みを抱えている女子にお知らせです。春という季節は、1年のうちで最も別れが多い季節です。転勤や入学、卒業などイベントが重なり、人間関係に変化が出やすく、気持ちも変化しやすい時期だからです。

彼氏への気持ちは途切れているのに、どうしても「別れ」という最後の一手が決められない。そんな葛藤はどうやって整理すればいいのか。実は人間の心の仕組みを知っていけば、少しだけ彼との関係をスムーズに整理できるかもしれません。

人が別れを決められない2つの理由

別れを決められない。それって自分の弱さが原因と感じるかもしれませんが、ちょっと違います。そこには大きく2つの心の葛藤が生み出されているので、順番にご説明していきます。

・変化はストレス! 本能が全力で止める

そもそも人間関係や環境の変化はすべてストレスです。彼氏との別れも「別れたらスッキリするかも…」と頭では理解しても、心は変化に対して無意識に不安になっています。

また別れるという決断は、「決断するまでは男性が早く、決断してからは女性のほうが早い」なんて言われることもありますが、これは一般的に女性の感受性が豊かな傾向が強いからかもしれません。仲が良かった頃の感情に女性というのは引きずられてしまうんですね。

・かけた時間を手放すことは自分を傷つけること

人間は自分の選択を間違いだったと認めたくない生き物です。間違いだと認めることで、自尊心が傷つくからです。彼氏と別れる決断は、自分で選んだ人物が間違いだったと認めること。同時に今までかけた時間やお金、労力が大きいほど、自分で選んだ人への投資が積み重なり、よりいっそう否定をするのには痛みを伴います。

そのため、「別れようかな…でもまた仲良くなれるかもしれないし…」といった迷いが生じるのです。でも損切りのセオリーを考えれば、ダメだと思った時が手放しどきです。あなたは今の迷いをこの先も抱え続けますか?

「もう一生彼氏はできないかも」はなぜ思ってしまうのか

彼氏と別れようか迷ったとき、女性の多くは「もう彼氏はできないかもしれない」とか「こんなに合う人とはもう出会えないかも」なんて思うものです。でも、それって“心のクセ”に引っかかっているかもしれません。

人は変化を回避したり、リスク管理をしたりするため、最悪の状況を想像しやすい脳の構造をしています。放っておくと、生きるためにマイナス思考に偏っていくのです。

「彼氏が一生できないかも」という極端な想像は、あなたの生存本能が引き起こさせているだけ。実際、「もう一生彼氏はできないかも」と言っている人が、その後すぐに彼氏を見つけたり結婚したりしたことはないでしょうか。最悪な想像が現実になることって、実は少ないのです。

不確かな未来に飛び込むために今できること!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ