無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヒップアップ筋トレはどれくらいで効果が出る?美尻になる筋トレ方法

美容

ヒップアップ筋トレで効果が出ない人は美尻・お尻痩せの知識を学ぼう

ヒップアップ筋トレの正しいやり方

ヒップアップするためには様々な筋トレの方法がありますが、「試したけど結局ダメだった」「いくら筋トレをしてもお尻に効かない」……という人がいます。その一方でちゃんとお尻に効いている人もいます。両者には一体どんな違いがあるのでしょうか? 今回は、ヒップアップできない人の共通点と飛躍的に効果が上がるワンポイントアドバイスをご紹介します。

ヒップアップ筋トレの基本「ヒップヒンジ」をやってみよう

まずは基本の動作であるヒップヒンジを行ってみましょう!

ヒップヒンジとは、主にお尻を鍛える場合に使われる動きで、ヒップアップしたい方には必須項目といっても過言ではない動作です。

■基本の「ヒップヒンジ」の正しいやり方
脚を肩幅にひらき、背筋を真っ直ぐに伸ばします。次の画像のように両手を前に伸ばしながら上体を前に倒し、お尻を突き出します。お尻や裏ももにストレッチを感じたら正しくできている証拠です!

ヒップヒンジの正しいやり方

これで、なぜか前ももの筋肉に効いてしまう(負荷がかかってしまう)という人は、間違った動作をしている可能性があります。実は、その間違った動作こそヒップアップ筋トレで効果が出ない人の根本的な原因なのです。

あなたのお尻筋肉はどんな状態? 自分の現状を把握しよう!

根本的な原因の前に、まずは筋肉の“今(いま)”を知るところから始めてみましょう! お尻の筋肉が現在どのような状態にあるのかを知らないと、どのようなアプローチが必要なのかも判断できないからです。

まずおさえておきたいのは、筋肉には3つの状態しかないということ。
状態1:筋肉を使えている
状態2:筋肉を使えていない
状態3:筋肉を使いすぎている

筋肉を正しく使えていれば、ヒップアップの筋トレをすることで、ハリのあるヒップラインを実現できます。(=状態1)
しかし、お尻の筋肉を正しく使えていない場合、筋トレをしているにも関わらず、お尻は脂肪でプヨプヨになります。(=状態2)

そして、上記のようにお尻の筋肉を使えていない状態にも関わらず、筋トレを継続してしまうと、本来お尻の筋肉が担うべき役割を、前ももの筋肉が補うようになります。その結果、前ももの筋肉を使い過ぎてしまい、筋肉が張ってきたり、筋肉太りを引き起こしたりします。(=前ももが状態3、お尻は状態2)

まずは、ただ筋トレをすればいいのではなく、「自分が鍛えたい部位が状態1になっているか」を知ることが重要です。また、適切なアプローチができているのかも意識する必要があります。

ヒップアップ筋トレで効果が出ない原因とは

「ヒップアップの筋トレをしてもお尻に効かない」という人は、お尻の筋肉は状態2の状態……つまり、ヒップアップの筋トレをしているつもりですが筋肉が使えておらず鍛えられていないということ。そして、お尻の筋肉を使えていないことで、前ももの筋肉がその動きをフォローするため使い過ぎてしまい、状態3になっている……つまり、前ももばかり筋肉が張り、筋肉太りを引き起こしているということ。

それを回避して、お尻を鍛えて引き締めたい場合、どうすればいいのでしょうか? ここで重要な理論が、筋肉自体だけでなく、お尻の筋肉が付いている股関節を動かす必要がある、ということです。しかし、お尻に効かない人は前ももが付いているひざから動いてしまい、結果として前ももばかりに効いてしまうという事態に陥ります。

そのため、ヒップアップの筋トレをしていても、前ももの張りを訴える方が多いのです。これがヒップアップの筋トレで効果が出ない人の共通点なのです。つまり、「ヒップアップの筋トレをしてもお尻に効かない」という人は、状態2~3に陥っている場合が考えられます。これは、二の腕を引き締めたい場合なども同様のことがいえます。

つまり、「各筋肉は必ず1つ以上の関節をまたいで付いていて、どの関節を使うかで働く筋肉が変わってくる」ということが大事なのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ