無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「結婚ってしなきゃダメ?」を本気で考えてみた結果

恋愛・結婚

「結婚ってしなきゃダメなの?」

誰しも一度はこんなふうに考えたことがあるのではないでしょうか?

長年付き合った彼氏に「結婚する意味がない。一緒にいられるならそれでいいでしょ?」と言われると、何も言い返せない自分がいる。

婚活がうまくいかないと「なんでこんな辛い思いしてまで結婚しなきゃいけないのだろう?」「っていうか結婚って何?」と考えるようになってしまう。

そんな葛藤の最中にいる女性も少なくないはずです。

私自身も7年間の婚活の中で、何度も自分に問いかけてきました。

「結婚って何のためにするのだろう……? 幸せになる道はほかにもあるのではないか?」と、いろんな選択肢を考えました。

そして最終的には結婚を選択し、今は母となり、家族と生活をしています。

今回は、7年の婚活を経て結婚した私が思う「結婚する意味」についてお伝えしていきます。

1.結婚とは、大好きな人といつも一緒にいられるということ

「この人と一緒なら人生がもっと楽しくなるだろうな」

そう思える彼とはずっと一緒にいたいと思いますよね。

お付き合いをしていたころは、会えない寂しさや、彼が離れてしまうのではないかという漠然とした不安がありました。そのため、新婚当初はいつも一緒にいられることがとても幸せでした。

今ではそれが当たり前になり、ひとりの時間も楽しくて仕方がないのですが、初心に返ってみると、大好きな人といつも一緒にいられることはやっぱり幸せなのです。

ひとりの楽しさと、2人の楽しさをいつでも味わえる、それが結婚なのかもしれません。

2.結婚とは、もう恋愛をしなくてもいい安心感を得られること

恋愛は楽しいこともたくさんありますが、それと同じだけ悩みや不安も尽きません。

大好きになった彼がこれから先も好きでい続けてくれる保証はないし、簡単に別れることだってできる。ひとりになれば、また一から人間関係を構築していく必要もあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ