無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眠りが浅い人にオススメのヨガポーズ|頭頂のツボを刺激しよう

美容

眠りが浅く目が覚める時は「ウサギのポーズ」がおすすめ!ツボ刺激で自律神経を整えよう

ポーズの効果:頭の中の騒音を静めてグッスリ眠ろう

頭の中が考えごとでザワザワしていると眠りが浅くなりがちに。頭頂にあるツボ「百会」を刺激することで血行を促し、自律神経を整えましょう。ストレス解消やリラックス効果も得られます。

ポーズのための準備:首を前後にユラユラ揺らしてほぐそう

1.手と膝の距離を広くセットし、四つん這いに。頭を床につける。

ウサギのポーズ

2.全身を前後に10回揺らして、首の後ろをほぐし、体から頭への血流をスムーズに流そう。

ウサギのポーズ

ウサギのポーズ HOW TO

1.四つん這いの姿勢になる。頭頂を床につけるので、手と膝の距離は近めにセット。

ウサギのポーズ

2.肘を体側に引き寄せ、頭を床につけてゆっくり10呼吸。肘が外側に開くと肩が詰まるので注意。10呼吸。

ウサギのポーズ

これもOK:首の後ろが硬い人や、頭頂を直接床につけると痛い人は、タオルを敷くと安心・安定して行える。

ウサギのポーズ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ