無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「男友達と2人で遊んでいいよ」と言う彼氏の本音

恋愛・結婚

彼氏もいるけど、男友達とも遊びたい。特に、彼氏より付き合いの長い場合はなおさら。しかし、男性からするとスパッと割り切れないことも。この記事では、「彼氏がいるにも関わらず男友達と2人で遊びに行ってもいいか問題」について、コラムニストのウイさんに解説してもらいました。

ウイ(恋愛コラムニスト)

それなのに、そのことを「アノヒト、ワタシ、トモダチ」という自分だけの主張を振りかざす行為にはこれっぽっちも思いやりも優しさもありません。

下心があるとか、ないとか、そんなものは問題ではないのです。

愛する人を不安にさせてまでも優先したい異性との友情なんてこの世には存在しないです。

いい男友達とは、彼氏がいるあなたと2人で遊びに行こうとはしません。「僕と君は友達だけど、君には彼氏がいるし、不安にさせたりトラブルになったりするのは避けたいから、2人で会うのはやめておこう」と言うのが本当の男気ある友達なのです。

愛情の皮をかぶった束縛

繰り返しますが、彼がいるのに2人で男友達と遊びに行くのはよほどの信頼関係がない限りダメです。これは変わりません。

でもこれは友達を切り捨てろ、という意味ではありません。

友達付き合いは恋人がいようが大切にするべきです。グループでの遊びは、できれば行ったほうがいいと思います。

しかし、ここで問題になるのは「束縛」です。

極端にいえば「俺以外の男と連絡とるな」と言う男性、いますよね。いわゆる束縛が強い男性です。

束縛とは、する側にもされる側にもOKとNGのボーダーラインに個人差があって「これが正解」という答えを出すことが非常に難しい問題です。

束縛する多くの男性は、自分に自信がないのです。自信がなくて、いつあなたが自分の元を去ってしまうのか不安で不安でしょうがないのです。

彼からの強すぎる束縛も、あなたが「私、めっちゃ愛されているな」と受け止めることができ、それがあなたの安心感にもなっているのであれば平和なもんですが、ストレスになっている場合は危険です。

「LINEの返信は〇時間以内」など、2人の間だけで有効なしょうもない法律がたくさん作られ、最終的にはその法律で2人が苦しむという結果が待っています。

そうなったら、お別れまでのスピードはあっという間です。

ここを解決するには、ちょっと照れ臭い言い回しですが「愛情」しかありません。

「ダーリン、アイラビュー、アイニージュー」と、繰り返し時間をかけてこれでもかというくらい与えてあげるのです。

彼に足りないのは自信です。

愛情という名の安心を与え続けることが彼の自信に繋がるのです。その自信はいつか2人の信頼へと変化するはずです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ